忍者ブログ

高岡ふるさと応援隊会員No.0001のブログ

「高岡ふるさと応援隊」会員No.0001による、高岡の情報発信等を目指したブログです。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


【イベント情報】御印祭(6/19・20)







★詳しい情報はこちら★
御印祭(ねっとこ金屋町)







6月の高岡にも、楽しみなお祭りがあります。
6月19日(火)、20日(水)の2日間、金屋町(重要伝統的建造物群保存地区)で開催される「御印祭(ごいんさい)」です。

金屋町は高岡鋳物発祥の地。1609年の前田利長公による高岡開町の後、1611年に利長公がこの地に7人の鋳物師を移住させたことがきっかけで、高岡の鋳物産業の歴史が始まりました。

利長公の命日にあたる6月20日(旧暦5月20日)に、金屋町の地で行われるお祭りがこの「御印祭」です。



見どころは、金屋町に伝わる鋳物師の作業唄「弥栄節(やがえふ)」に合わせた踊り。
特に、19日(火)夜の前夜祭踊りでは、約1,000人による金屋町の石畳通りの街流しが名物となっております。

ぜひ、金屋町の素敵な夜を過ごしてみませんか?












御印祭

開催日:2018年6月19日(火)、20日(水)
場所:高岡市金屋町一帯(重要伝統的建造物群保存地区)




~スケジュール~

19日(火)

18時~ 神事
18時30分~ 御印太鼓
19時10分~ 奉納踊り
19時20分~ 前夜祭踊り

20日(水)
11時~ 祭典
16時~ 前田利長公墓前奉納踊り
17時~ 奉納踊りなど







会場・金屋町の地図(Googleマップ)


PR

【高岡市政情報】2018年6月1日 市長記者会見

6月になりました。とても暑い日が続いておりますが、もうそろそろ梅雨も控えていると思います。

さて、6月1日(金)高岡市長記者会見が行われました。
今回の発表事項は4点。
高岡市議会6月定例会提出案件について(財政課)、外国籍市民のための日本語でつながる多文化共生事業の実施について(共創まちづくり課 多文化共生室)、たかおかPRアンバサダーの募集について(広報情報課)、津波ハザードマップの完成について(総務課 危機管理室)です。










2018年6月1日 高岡市長記者会見 発表資料(高岡市ホームページより)

1. 平成30年度6月定例会提出案件について
 (1) 平成30年度6月補正予算(案)について(PDF:130KB)
  (資料)平成30年度高岡市会計別歳入歳出予算一覧表(PDF:77KB)
 (2) 平成30年度6月定例会提出議案について(PDF:318KB)

2. 外国籍市民のための日本語でつながる多文化共生事業の実施について(PDF:162KB)

3. たかおかPRアンバサダーの募集について(PDF:234KB)

4. 津波ハザードマップの完成について(PDF:160KB)



高岡市伏木の文化財が、日本遺産に追加認定されました!(5/24)



伏木神社春季例大祭の祭礼行事






旧伏木測候所庁舎・測風塔(高岡市伏木気象資料館)






旧秋元家住宅(高岡市伏木北前船資料館)








★詳しい情報はこちら★
日本遺産「荒波を越えた男たちの夢が紡いだ異空間~北前船寄港地・船主集落~」に追加認定されました(高岡市ホームページ)
荒波を越えた男たちの夢が紡いだ異空間 ~北前船寄港地・船主集落~(日本遺産ポータルサイト)






昨年、日本遺産に認定された「荒波を越えた男たちの夢が紡いだ異空間 ~北前船寄港地・船主集落~」に、高岡市伏木の文化財が追加認定されました!

高岡市は、2015年4月に「加賀前田家ゆかりの町民文化が花咲くまち高岡 ―人、技、心―」が認定されており、市内では2件目の認定となります。

港町伏木は、北前船寄港地として栄えた歴史を持ち、北前船資料館など関連する文化財もたくさん存在します。
今回の追加認定は、とても嬉しい出来事でした。



また、県内では、同じく北前船寄港地として富山市も認定。
そして、南砺市井波「宮大工の鑿(のみ)一丁から生まれた木彫刻美術館・井波」として認定を受けました。
















日本遺産 荒波を越えた男たちの夢が紡いだ異空間 ~北前船寄港地・船主集落~


~構成市町~
平成29年度認定自治体(11自治体)
函館市、松前町、鰺ヶ沢町、深浦町、秋田市、酒田市、新潟市、長岡市、加賀市、敦賀市、南越前町

平成30年度認定自治体(27自治体)
小樽市、石狩市、野辺地町、にかほ市、男鹿市、能代市、由利本荘市、佐渡市、上越市、富山市、高岡市、輪島市、小松市、坂井市、小浜市、宮津市、大阪市、神戸市、高砂市、新温泉町、赤穂市、洲本市、鳥取市、浜田市、倉敷市、尾道市、呉市



~高岡市における構成文化財~
・旧秋元家住宅(高岡市伏木北前船資料館)(市有形)
・旧伏木測候所庁舎・測風塔(高岡市伏木気象資料館)(国登録有形)
・伏木神社(未指定)
・伏木神社春季例大祭の祭礼行事(市無形民俗)
・伏木帆柱起し祝唄(未指定)
・勝興寺唐門(国重文)
・吉久の町並み(一部国登録有形)
・菅野家住宅(国重文)
・高岡鋳物の製作用具及び製品(国登録有形民俗)



【イベント情報】たかおか落語祭り2018(6/1~6/3)

★詳しい情報はこちら★
たかおか落語まつり2018(たかおかストリート)








さて、今年も高岡じゅうが落語で彩られる「たかおか落語祭り2018」が開催されます!

2016年にスタートし、3回目を迎えた「たかおか落語祭り」。
第1回・第2回は、7月中旬の3連休に開催されましたが、今年は6月1日(金)~3日(日)の3日間での開催です!



初日は夜に山町ヴァレー(山町筋)で開催。
2日目は、吉竹亭(戸出)、高陵金寿堂(金屋町)、丸谷亭(吉久)、大仏茶屋(高岡大仏近く)の4会場で開催。
そして、最終日は伏木コミュニティセンターで開催されます。

今年は、たか落お馴染み、三遊亭好の助師匠が真打昇進ということで、最終日の伏木コミュニティセンター会場は「三遊亭好の助 真打昇進披露公演」としても行われます。

また、初日の山町ヴァレー会場では、三遊亭好の助師匠のお父様で、「ナポレオンズ」で有名なマジシャンのボナ植木さんも登場です!

その他にも豪華メンバーの登場ですので、どの会場でもお楽しみいただけると思います!

まだまだチケット販売中ですので、ぜひお越しください!










たかおか落語祭り 2018 詳細

~6月1日(金)~

【リアル親子会】
日時:6月1日(金)開演 18:30 終演予定 20:00(開場 18:00)
会場:山町ヴァレー(高岡市小馬出町6)
出演:三遊亭好の助/ボナ植木(マジック)
木戸銭:2,000円
チケット販売&問合せ:竹中さん(090-6276-9034)



~6月2日(土)~

【馬久 初高岡の会】
日時:6月2日(土)開演 11:00 終演予定 12:30(開場 10:30)
会場:吉竹亭(高岡市戸出町3丁目8-3)
出演:金原亭馬久/三遊亭好の助
木戸銭:2,000円
チケット販売&問合せ:戸出ジェラート(戸出町2丁目9-1 TEL0766-63-2507)

【華の真打二人会】
日時:6月2日(土)開演 13:00 終演予定 14:30(開場 12:30)
会場:高陵金寿堂(高岡市金屋町2-3)
出演:金原亭馬玉/一龍斎貞寿(講談)
木戸銭:2,000円
チケット販売&問合せ:高陵金寿堂(TEL 0766-75-9292)

【新真打二人会】
日時:6月2日(土)開演 16:30 終演予定 18:00(開場 16:00)
会場:丸谷亭(高岡市吉久2丁目3-15)
出演:一龍斎貞寿(講談)/三遊亭好の助
木戸銭:2,000円
チケット販売&問合せ:丸谷さん(090-9396-4200)

【馬玉・馬久兄弟会】
日時:6月2日(土)開演 16:30 終演予定 18:00(開場 16:00)
会場:大仏茶屋(高岡市定塚町1200)
出演:金原亭馬玉/金原亭馬久
木戸銭:2,000円
チケット販売&問合せ:沢田さん(090-2032-6369)



~6月3日(日)~

【三遊亭好の助 真打昇進披露公演】
日時:6月3日(日)開演 13:30 終演予定 16:00(開場 13:00)
会場:伏木コミュニティセンター(高岡市伏木湊町13-1)
出演:三遊亭好の助/三遊亭良楽/金原亭馬玉/一龍斎貞寿(講談)/春風亭ぴっかり☆/金原亭馬久
木戸銭:前売 2,500円(当日 3,000円) 

チケット販売
・ストアまるしん(高岡市伏木一宮2丁目9-13 TEL0766-44-5963)
・アーツナビ
・市内各所14箇所

問合せ先
たかおか落語ふぁんくらぶ(塚田さん TEL080-6358-1192)
メール:sayonara0910@yahoo.co.jp








【イベント参加報告】伏木曳山祭「けんか山」(5/15)



5月15日(火)。
今年も、伏木曳山祭「けんか山」へ。

昨年は昼も行きましたは、今年は夜のみ。









21時前に到着し、法輪寺前のかっちゃを観戦。










そして、今年も本町広場に設けられた「桟敷席」の最上列で、22時半からの部(30分遅れ23時スタート)のかっちゃを観戦しました。





毎年ながら、「かっちゃ」の迫力に感動させられます!
写真や動画では伝わらないその感動。ぜひ、来年は生観戦をオススメしますよ!



5月9日(水)北日本新聞さん朝刊に掲載していただきました!

26歳観光ガイドデビュー 高岡ボランティア団体「やまたちばな」最年少の福岡さん(北日本新聞ウェブ・webun 2018年5月8日配信)
※全文ご覧いただく場合は、会員登録が必要です。







(上記記事より引用)
 高岡市の観光ボランティアグループ「やまたちばな」で、20代の若者が4月から本格的に活動を開始した。地域活性化NPO法人の事務局長を務める福岡経(けい)さん(26)=同市鐘紡町=で、「多くの人たちに大好きな高岡の魅力を伝えたい。皆さんと一緒になって高岡を盛り上げたい」と意気込んでいる。
 福岡さんは高岡市出身で、都内の大学を卒業後に地域活性化に貢献しようとUターン。2014年に高岡古城公園と高岡大仏を案内する観光ボランティアガイドグループ「やまたちばな」に最年少で入会した。現在は高岡大仏前のカフェで朝食サービスを提供するNPO法人大仏三郎で事務局長も務める。
 昨年6月から、とやま観光未来創造塾を受講し、ガイドの技術を磨き、同12月に認定ガイド中級の資格を所得した。これまでサポート役だったが、4月からガイドとしての活動を本格スタート。15日には初めて1人で高岡古城公園の案内を担当した。
 国史跡・高岡城跡でもある高岡古城公園は100名城として、北陸新幹線開業を機に人気が高まり、ツアー客も増えている。福岡さんは「高岡古城公園に限らず高岡の魅力を多くの人に伝えたい。一人前のガイドとしての力をつけたい」と意気込む。
 やまたちばなの白井悦子代表は「会員数が減り、今では他団体に応援してもらっているほど。福岡さんのような若い力は頼もしい」と喜んでいる。
(引用終わり)






・・・というわけで、5月9日(水)、北日本新聞さんの朝刊に取り上げていただきました!

思っていたより大きな記事で、恥ずかしい・・・(笑)




北日本新聞さんにお世話になるのは、『まいたうんTAKAOKA』の2014年10月号にてリレーエッセイを執筆させていただいた時以来でした。
本当にありがとうございます。



「やまたちばな」には2014年から所属させていただいておりますが、ちゃんとガイドとして活動するようになったのはつい最近。
本当は恥ずかしい話なのですが、ここまで大きく取り上げていただき、とても嬉しいです。




そして、この翌日の5月10日(木)宿泊学習で高岡を訪れた射水市の中学1年生22名様に、高岡古城公園と高岡大仏を案内させていただきました。
・・・私の拙いガイドが皆様の学びに繋がってくれたらいいですが(^-^;
私自身はボロボロで、反省だらけでした。
自分が一番学ばせていただいたような気がします。




ガイドとしてはまだまだなので、より多くの皆様に高岡の魅力を伝えていけるよう、これからも頑張っていきたいと思います!



【イベント参加報告】高岡御車山祭(5/1)



日は経ちましたが、5月1日(火)高岡御車山祭へ足を運びました。
昨年は雨のため中止となった、正午の勢揃い式。
今年はむしろ暑いくらいのお天気となり、2年ぶりの勢揃い式は多くの人で賑わいました。









勢揃い式後は、まず堀上町交差点周辺。







続いて、鴨島交差点周辺。







そして、鴨島町通りで、御車山の巡行を見てきました。







高岡を代表するお祭り。今年も楽しむことができて良かったです!



【イベント参加報告】(公社)高岡青年会議所 4月度オープン例会「たかおか まちづくり市民討議会2018」(4/29)







4月29日(祝・日)。
高岡商工ビルにて、(公社)高岡青年会議所 4月度オープン例会「たかおか まちづくり市民討議会2018」が開催されました。

例会は2部構成で行われました。
第1部は、富山大学経済学部の中村和之教授による講演「財政難を考える」~我々ができること~がありました。
そして、第2部では、18歳~40歳の市民による討議会が行われ、「公共施設の再編について」というテーマで話し合いました。




昨年暮れより高岡市の財政難が報道され続ける中、若い市民が、高岡のまちづくりを「ジブンゴト」として考えるという試み。
この討議会で出た意見は、後日行政に提言する予定となっております。

私は一応担当委員会のメンバーでしたが・・・。
前日・前々日のリハーサルは共に欠席、その上無駄に予定を詰めたために当日を寝不足で迎え、ほとんど役立たずでした。
とにかく、この素晴らしい場に立ち会えたことは、一生の財産だなと思います。



【高岡市政情報】2018年4月26日 市長記者会見

本日4月26日(木)高岡市長記者会見が行われました。
今回の発表事項は、まず、高岡市の財政難が大きく報道される中、「財政健全化アドバイザー会議」の設置について(総務部財政課)。
次に、「北陸新幹線新高岡駅の利用促進事業」のうち、「新高岡賞品開発プロジェクトによる賞品造成の進捗状況について」と、市役所の若手職員で構成する「チーム新高岡」による新高岡駅・高岡駅旅マップの作成について(新高岡駅利用促進プロジェクトチーム)。
そして、「東京オリンピック・パラリンピックに向けた取り組みについて」(教育委員会スポーツ課 東京オリンピック・パラリンピック推進室)。※5月3日(祝・木)~6日(日)に、高岡市民体育館で「日韓バドミントン競技大会」が開催されます。

詳しい情報は、下記発表資料(PDF)をご覧ください。












2018年4月26日 高岡市長記者会見 発表資料(高岡市ホームページより)

1. 財政健全化アドバイザー会議の設置について(PDF:170KB)

2. 北陸新幹線新高岡駅の利用促進事業
 (1) 新高岡商品開発プロジェクトによる商品造成の進捗状況について(PDF:201KB)
 (2) 「チーム新高岡」による新高岡駅・高岡駅旅マップの作成について(PDF:239KB)
  (資料) 新高岡駅旅マップ(PDF:7,597KB)
  (資料) 高岡駅旅マップ(PDF:7,071KB)

3. 東京オリンピック・パラリンピックに向けた取り組みについて(PDF:470KB)



高岡古城公園 雪害寄附金のお願い

~詳しい情報はこちら~
高岡古城公園雪害寄附金のお願い(高岡商工会議所ホームページ)






当ブログでも何度もお伝えしております通り、高岡古城公園(国指定史跡・高岡城跡)は、今年の冬の豪雪の影響で、土塁の崩落、樹木の倒木・枝折れなど、甚大な被害(被害総額約3,000万円)を受けました
高岡市では、4月から「高岡古城公園雪害寄附金」を募集しております。

私も微々たる額ではありますが、先日寄附させていただきました。

高岡の誇る歴史遺産、そして市民憩いの場の、一日も早い復旧のため、多くの寄附が集まって欲しいなと思います。









※以下、上記高岡商工会議所ホームページのリンクより抜粋

~高岡古城公園雪害復旧寄附金募集趣旨~
 高岡古城公園は、2015年(平成27年)に国史跡に指定され、日本100名城、日本の歴史公園100選、さくら名所100選などにも選定されるなど、市民の憩いの場として、また多くの観光客にも親しまれる名園となっています。
 しかしながら、本年1月~2月にかけての記録的な大雪により、高岡古城公園においては、土塁の崩落や樹木の倒木、雪折れなど甚大な被害(概算見積約3,000万円)が発生する事態となりました。
 つきましては、多くの市民や観光客に親しまれ、歴史的価値の高い高岡古城公園を早期に復旧するため、その財源の一部として寄附金(被害総額の1割程度)を募集いたしますので、皆様のあたたかいご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。




~目標金額~
300万円以上(被害総額の1割程度)

~募集期間~
平成30年4月~6月末

~寄附区分~
高岡市への指定寄付金(古城公園の雪害による樹木等の復旧費に充当)

~税金対応~
①法人の場合  全額損金に算入が可能
②個人の場合  確定申告により所得控除が可能

~寄附手順~
①寄附の申出書を高岡商工会議所にご提出ください
 以下の高岡市宛ての申込書を高岡商工会議所へFAX(0766-22-6792)、または郵送ください
 寄附申込書はこちら【PDF】
②高岡市より納付書を送付いたします
③納付書を使って寄附金を高岡市あてに払込ください
④高岡市より寄附金受領証明書を送付いたします
※上記の手順によらず、高岡市役所6F花と緑の課窓口に直接納付もできます。
 
~お問い合わせ~
高岡商工会議所
933-8567 高岡市丸の内1-40
電話:0766-23-5000 FAX:0766-22-6792








参考写真 高岡古城公園 雪害状況











詳しい雪害状況の写真はこちら
高岡古城公園の雪害状況「非常事態」(2018年1月21日撮影)
高岡古城公園の雪害状況「非常事態」 その2(2018年2月9日撮影)