忍者ブログ

高岡ふるさと応援隊会員No.0001のブログ

「高岡ふるさと応援隊」会員No.0001による、高岡の情報発信等を目指したブログです。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【イベント参加報告】高岡市立博物館屋上開放「古城公園展望台」(4/13・14)





4月13日(木)~16日(日)の4日間、高岡古城公園内にある高岡市立博物館にて、屋上開放「古城公園展望台」が開催されております。

屋上開放中、高岡観光ボランティアガイド「やまたちばな」による「屋上解説」も随時行われておりますが、昨日13日(木)と今日14日(金)の2日間、私が担当させていただきました。

駆け出しガイドとしてはかなりの大役。
不安しかありませんでしたが、おかげさまで無事2日間やり遂げることができました。



主に、来場された方の質問にお答えする・・・という感じでしたが、実際には質問はなかなか来ません。
そこで、こちらから声をかけてお話する、一定の時間に注目してもらい話をする、といったことも積極的に行っていくべきなのですが、そこまでの知識やスキルを身に着けるにはまだまだ修行が必要です・・・。

ガイドとして反省点ばかりの2日間でしたが、今日の終わり頃に、九州から来られた方に高岡城の歴史解説をし、喜んでいただけたことが何よりも嬉しい出来事でした。
これからもガイド活動を通して、高岡古城公園の魅力を多くの方に伝えていけたらなと思います。






ちなみに、2日目の今日限定で、高岡市民会館ホールサポーターの会「パープル」の皆様による「さくらカフェ」が開催されました。




















さて、普段は入れない博物館の屋上から見える古城公園の桜風景。
とてもいい眺めでした。

なお、初日の昨日は多くの地元メディアが取材に来られました。
昨夜はテレビ局2局のニュースで、今朝は新聞3紙の朝刊で取り上げられました
その効果もあってか、今日は多くの方が来場されました。



私のガイドとしての役目は今日で終わりましたが、屋上開放はあと2日間開催されます。
ぜひ、最高の展望台を楽しんでいただけたらと思います!






高岡古城公園 屋上から眺めるサクラはいかが?(チューリップテレビ 2017年4月13日)

(上記記事より引用)
 この映像は日中、高岡市立博物館の屋上から撮影したものです。
 屋上の高さはおよそ15メートル、園内を一望することができます。
 高岡市では7年前からサクラが満開となる時期のみ屋上を一般開放していて、午前10時から午後3時半まで眺めを楽しむことができます。
 13日から16日までの期間限定となっています。
 期間中はボランティアガイドによる古城公園の歴史解説なども行なわれ、普段は見ることができない景色に訪れた人からは感動の声が挙がっていました。
(引用終わり)




 
見下ろす花も格別 高岡 古城公園展望台を開放(北陸中日新聞 2017年4月14日)

(上記記事より引用)
 高岡市の古城公園内にある市博物館の屋上「古城公園展望台」が十三日開放され、花見客でにぎわった。十六日まで。
 展望台は通常は閉鎖しているが、毎年花見シーズンに開放。園内の桜や堀などが一望でき、高岡大仏や二上山、好天ならば立山連峰も望める。期間中は、高岡観光ボランティアガイド「やまたちばな」の会員が古城公園の歴史や見どころを解説する。
 来館者に「どちらから来られましたか」と声を掛けながら質問に答えていたガイドの福岡経さん(25)=高岡市鐘紡町=は「古城公園の魅力を多くの人に伝えたい」と話す。来館した女性は「初めて来ました。下で間近に見る桜も良いですが、屋上から桜一面の公園を見るのも素晴らしい」と喜んでいた。
 ガイドの時間は十四日は午後零時半~三時半、十五、十六両日は午前十時~午後三時半。十四日午前十一時~午後二時には、高岡市民会館ホールサポーターの会「パープル」がコーヒーとお菓子を二百円で提供する「さくらカフェ」を開く。展望台の入場は無料。雨天は中止する。 (武田寛史)
(引用終わり)





園内の桜一望 高岡市立博物館 屋上開放(富山新聞 2017年4月14日)

(上記記事より引用)
 高岡市立博物館の屋上開放行事「古城公園展望台」が13日始まり、来館者が見ごろを迎えた高岡古城公園内の桜を満喫した。
 日本さくら名所100選に指定されている高岡古城公園は、ソメイヨシノやコシノヒガンザクラなど18種類約1800本が植えられている。高さ12・5メートルの屋上からは、桜とともに二上山や立山連峰を眺めることができる。 
 来館者は高岡観光ボランティアガイド「やまたちばな」の解説に耳を傾けながら、情緒豊かな春の景色を楽しんだ。射水市大島北野の銅版画作家円戸智さん(55)は「上から見る桜もきれいだった」と話した。
 
 入場は無料で、午前10時~午後3時半まで開放される。16日まで。14日は市民会館ホールサポーターの会「パープル」のさくらカフェが開設される。
(引用終わり)


PR