忍者ブログ

高岡ふるさと応援隊会員No.0001のブログ

「高岡ふるさと応援隊」会員No.0001による、高岡の情報発信等を目指したブログです。

とやま観光未来創造塾 観光ガイドコース(中級専攻)修了



今年6月より受講させていただいておりました、「平成29年度とやま観光未来創造塾 観光ガイドコース(中級専攻)」

半年の受講を経て、12月3日に修了いたしました。



同時に、「とやま観光未来創造塾 認定ガイド」となりました。




半年間学んだことを活かし、高岡の魅力発信に今後とも努めていきたいと思います。


PR

とやま観光未来創造塾 特別講義(9/4)

9月4日(月)。
とやま観光未来創造塾の特別講義を受講しました。

今回は一部講義において、「おもてなし優良タクシードライバー養成研修」の研修生と合同講義でした。



半年に渡るプログラムも、早いもので約半分の3ヶ月を迎えました。



特別講義の内容は、海外から宇奈月温泉にインターンシップに来られた学生さんが見た「とやま」の発表、
富山県酒造組合会長さんによる「日本酒(地酒)と地域づくり」の講義、
名誉塾長である石井知事の特別講義


そして、最後に地酒の試飲会がありました。





















正直日本酒はかなり弱いので、知識も乏しく・・・。
それが富山県人として情けないことなんだなと痛感いたしました。
弱いのは仕方ないにしても(笑)、「おもてなし」のひとつとして、地酒の知識を得なければならないと思いました。


【イベント参加報告】平成29年度 観光ボランティアガイド養成講座 現地学習⑤:瑞龍寺(8/23)

~これまでの講座の様子(当ブログより)~
【イベント参加報告】平成29年度 観光ボランティアガイド養成講座 講義:全体説明(6/14)
【イベント参加報告】平成29年度 観光ボランティアガイド養成講座 現地学習①:古城公園・大仏(6/28)
【イベント参加報告】平成29年度 観光ボランティアガイド養成講座 現地学習②:金屋町(7/12)
【イベント参加報告】平成29年度 観光ボランティアガイド養成講座 現地学習③:山町筋(7/26)
【イベント参加報告】平成29年度 観光ボランティアガイド養成講座 現地学習④:伏木(8/9)








8月23日(水)。
平成29年度 観光ボランティアガイド養成講座 現地学習⑤:瑞龍寺を受講。

観光ボランティアガイドグループ・あいの風のガイドさんによる案内で、国宝瑞龍寺と前田利長公墓所を学習しました。

国宝瑞龍寺は、加賀前田家2代当主・前田利長の菩提寺で、富山県内では唯一の国宝に指定されております。








国宝・山門
ですが、現在は修復工事中です・・・。








回廊南側にある「僧堂」(重要文化財)
坐禅修行を行う場です。

僧堂の裏の通路も案内していただきましたが・・・通路の存在自体初めて知りました(^^;)








国宝・仏殿の内部。
内部の造りについて、詳しく解説していただきました。








前田利長、前田利家、織田信長、同室正覚院、織田信忠を祀る5つの石廟。








回廊北側にある大庫裏(重要文化財)。
台所です。








そして、最後に国宝・仏殿を外から撮影しました。鉛の屋根でも有名です。
奥には同じく国宝・法堂があります。














その後、八丁道(約870m)を挟んで東側にある「前田利長公墓所」へ。
2009年、金沢の前田家墓所と共に国指定史跡となりました。

武将個人の墓所としては、国内最大規模とされています。









国宝瑞龍寺・・・イベント等で足を運ぶ機会が多いのですが、今回の講座で初めて知ったこともあり(笑)
とても勉強になりました。




さて、今年度の講座の現地学習はこれで終了となりました。
残すところは最後のまとめの時間のみ。

二度目の受講となりましたが、改めて学習することができて良かったなと思いました。
案内していただきました各ボランティアグループの皆様、本当にありがとうございました。



【イベント参加報告】平成29年度 観光ボランティアガイド養成講座 現地学習④:伏木(8/9)

~これまでの講座の様子(当ブログより)~
【イベント参加報告】平成29年度 観光ボランティアガイド養成講座 講義:全体説明(6/14)
【イベント参加報告】平成29年度 観光ボランティアガイド養成講座 現地学習①:古城公園・大仏(6/28)
【イベント参加報告】平成29年度 観光ボランティアガイド養成講座 現地学習②:金屋町(7/12)
【イベント参加報告】平成29年度 観光ボランティアガイド養成講座 現地学習③:山町筋(7/26)





8月9日(水)。
平成29年度 観光ボランティアガイド養成講座 現地学習④:伏木を受講いたしました。

講師は、観光ボランティアガイドグループ「比奈の会」のガイドさん。
伏木を中心に観光ガイド活動をされている団体です。








伏木と言えば、古くから伝説のある場所。
義経・弁慶の「如意の渡」伝説をモチーフとした銅像が、7月に伏木駅前に移設されました。







そして、伏木を象徴する歴史的人物と言えば、「万葉集」を編纂した歌人・大伴家持です。
奈良時代、伏木に越中国府がありましたが、家持は5年間越中国守を務めました
伏木の地で多くの歌を詠みました。









さて、講座は伏木駅で始まり、全体説明の後、伏木気象資料館へ。
全国初の私立測候所である伏木測候所跡は、築後約100年を数える重要な歴史遺産です。
今年春のリニューアルで、塔屋部分が復元されました。

また、この場所には、「越中国守館跡」があります。












続いて、重要文化財である勝興寺へ。
戦国時代に越中一向一揆の拠点となったお寺で、国指定の文化財としては全国8番目の規模だそうです。
伏木地区を代表する観光地でもありますよね。
現在、修復工事が行われています。









そして、最後に伏木北前船資料館(旧秋元家住宅)へ。
18世紀には北前船交易によって栄えた伏木。その歴史が分かる資料館です。





今回の講座では唯一前田家よりも古い歴史を持つ、伏木地区の現地学習でした。
次回はいよいよ最後の現地学習(瑞龍寺)となります。



【イベント参加報告】平成29年度 観光ボランティアガイド養成講座 現地学習③:山町筋(7/26)

~これまでの講座の様子(当ブログより)~
【イベント参加報告】平成29年度 観光ボランティアガイド養成講座 講義:全体説明(6/14)
【イベント参加報告】平成29年度 観光ボランティアガイド養成講座 現地学習①:古城公園・大仏(6/28)
【イベント参加報告】平成29年度 観光ボランティアガイド養成講座 現地学習②:金屋町(7/12)




7月26日(水)。
平成29年度 観光ボランティアガイド養成講座の現地学習③山町筋を受講いたしました。

講師は、観光ボランティアガイド「保与の会」のガイドさんでした(一部「あいの風」のガイドさん)。






まずは、土蔵造りのまち資料館(旧室崎家住宅)を見学。

山町筋の一番の見どころである、土蔵造りの家の中を見学いたしました。








その後は、山町筋の街歩き。
重要文化財の菅野家住宅








作曲家・室崎琴月の生家。








重要文化財の筏井家住宅









大正時代に建てられた、赤レンガの銀行









最後に、2015年に開館した高岡御車山会館を見学し、高岡御車山祭について学習しました。











あと、講座終了後、希望者対象に高峰譲吉先生の生誕地・高峰公園についても解説いただきました。





3年前に受講させていただいた際には、まだ御車山会館はなかったので、今回はより盛りだくさんの講座だったと思います。

現地学習も残り2回。伏木と瑞龍寺となりました。
二度目の受講となりますが、新たな学びになるように、しっかり参加したいと思います。



とやま観光未来創造塾 現地研修 in 飛騨古川(7/21)





7月21日(金)。
とやま観光未来創造塾の現地研修で、お隣岐阜県の飛騨古川を訪れました。




富山駅~飛騨古川間はバス移動。
そのバス移動では、事前課題発表が行われ・・・。
行きは自分の前の方で終わり、帰りに一番手で発表(笑)
喋る能力のなさを改めて思い知り、これからは今まで以上に努力していかなければならないと思いました。



研修は、午前は㈱美ら地球代表取締役山田拓先生によるガイディング技術の講義を受講。








昼は、古川の街にある「蕪水亭 おはこ」さんにてランチ。
名物・朴葉みそを目の前で焼いて、ご飯に乗せていただきました。








午後は、㈱美ら地球のガイドさんの案内で、古川の街歩き



















飛騨古川を代表する景色「瀬戸川と白壁土蔵街」はもちろん、
ユネスコ無形文化遺産に指定された「古川祭の起し太鼓・屋台行事」を紹介している「飛騨古川まつり会館」
それから、風情あるお店や家並みを楽しむことができました。

飛騨古川の風景はもちろんのこと、㈱美ら地球のガイドさんのガイディング技術に感動しました。
自分もいつか、あんな風にガイドができたらいいなと・・・。





丸一日、飛騨古川を堪能し、大きな学びを得ることができました。



【イベント参加報告】平成29年度 観光ボランティアガイド養成講座 現地学習②:金屋町(7/12)



~これまでの講座の様子(当ブログより)~
【イベント参加報告】平成29年度 観光ボランティアガイド養成講座 講義:全体説明(6/14)
【イベント参加報告】平成29年度 観光ボランティアガイド養成講座 現地学習①:古城公園・大仏(6/28)





7月12日(水)。
平成29年度 観光ボランティアガイド養成講座 現地学習②金屋町を受講いたしました。

講師は、町なみを考える藤グループのガイドさんでした。










高岡鋳物発祥の地として、高岡開町時から約400年の歴史を持つ金屋町。
現在は、千本格子を家並みが残る町として、国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されております(2012年指定)。










現地学習は高岡市鋳物資料館でスタートし、旧南部鋳造所のキュポラ及び煙突へ。
鋳物の歴史が分かる重要な遺構です。








その後、再び金屋町の石畳通りを歩きました。
ハート型の石・・・あることは聞いておりましたが、場所は初めて知りました。

そして、北斗七星の銅板も、初めて知りました。







映画「8月のクリスマス」のロケ地ともなった建物。
現在は「金屋町金属工芸工房 かんか」となっております。













そして、「有礒正八幡宮」も案内していただきました。
先日・・・BSプレミアムの「こころ旅」で、火野正平さんが座った場所も・・・(笑)






その後、鋳物工房利三郎高岡市鋳物資料館を訪れ学習。
暑い中でしたが・・・(笑)金屋町について改めて学ぶことができました!



【イベント参加報告】平成29年度 観光ボランティアガイド養成講座 現地学習①:古城公園・大仏(6/28)












~これまでの講座の様子(当ブログより)~
【イベント参加報告】平成29年度 観光ボランティアガイド養成講座 講義:全体説明(6/14)








6月28日(水)。
「平成29年度 観光ボランティアガイド養成講座」の現地学習第1回目、「古城公園・大仏」を受講。

高岡観光ボランティアガイド「やまたちばな」の先輩のガイドで、高岡古城公園と高岡大仏を学びました。




3年前の受講をきっかけに「やまたちばな」に入会し、一応3年在籍しているので、基本的なことはある程度覚えておりますが、
さすが博識の先輩で、初めて知ることもたくさんありました。

・・・私も早く古城公園を一人でガイドできるように、頑張りたいと思います。



平成29年度 とやま観光未来創造塾 第3回講義(6/20)



6月20日(火)。
「平成29年度 とやま観光未来創造塾」の第3回講義へ。


(公社)とやま観光推進機構と富山県観光推進室の皆様による「データマーケティング及び観光関連法について」の講義、
観光ガイドコース主任教授・渡辺康洋先生による「観光客・外国人・旅行業界のニーズ」の講義、
そして、同じく渡辺先生によるガイディング技術の講義、
最後に富山県建築住宅課の職員さんによる「ふるさと眺望点の紹介」を受講しました。

観光やガイドについて、また新しい視点で学ぶことができました。

特にガイディング技術は今までちゃんとした授業を受けたことがなかったので、今回学んだことをしっかり身に着け、実践に繋げていきたいと思っております。



また、ガイディング技術の講義では、ガイドコースを卒業された先輩方も講師として参加されておりましたが、そのうちの一人が「やまたちばな」の代表で驚きました。










終了後、富山城へ足を運びました。
天守閣に登るのは初めてでした。



平成29年度 とやま観光未来創造塾 第2回講義(6/16)



6月16日(金)。
「平成29年度 とやま観光未来創造塾」の講義第2回目に出席。













富山県の地域学講義ます寿しの食べ比べ観光客の立場に立ったおもてなし講義を受講。

どれも刺激的な講義でした。
地域学講義やます寿し食べ比べでは、知らなかった富山の魅力を知ることができ、
また、おもてなし講義では、おもてなしに必要な心遣いやマナーなどを学ぶことができました。



        
  • 1
  • 2