忍者ブログ

高岡ふるさと応援隊会員No.0001のブログ

「高岡ふるさと応援隊」会員No.0001による、高岡の情報発信等を目指したブログです。

【参加報告】高岡龍谷高校 選挙出前講座(3/2)



★詳しい情報はこちら★
模擬選挙でも「財政難」焦点 高岡龍谷高 市選管の出前授業で候補役生徒(富山新聞 2018年3月3日)
投票体験で選挙を理解 高岡龍谷高で出前講座(北日本新聞 2018年3月3日)
T-voice(高岡市選挙啓発サポーター)(高岡市ホームページ)





(富山新聞記事より引用)
模擬選挙でも「財政難」焦点 高岡龍谷高 市選管の出前授業で候補役生徒
 高岡市選挙管理委員会の出前授業は2日、高岡龍谷高で開かれた。市長選を想定した模擬選挙では、財政問題や北陸新幹線新高岡駅の「かがやき」停車問題が焦点となり、2年生188人が選挙のルールを学びながら、高岡のまちづくりを考えた。
 模擬選挙は候補者役の生徒3人が公約を発表した。酒井光希さんは「市の財政難が叫ばれる中、財政再建に向けて数学に強い人材を育てることが必要だ」と主張し、支持を求めた。
 西部周一郎さんは「立派な駅を建てたのに『かがやき』が止まらないのはもったいない」と述べ、新高岡駅周辺を開発するとした。
 唯一の女性候補となった丸山真優さんは高岡の産業の活性化に向け「ものづくりの皆さんを全力でバックアップする」と強調した。
 選挙で使われる備品を使って投票が行われ、丸山さんが最多の68票を獲得した。市選管職員と市内の大学生らでつくる市選挙啓発サポーター「T―voice(ティーボイス)」のメンバーが投票時の注意点を説明した。
(富山新聞記事引用終わり)



(北日本新聞記事より引用)
投票体験で選挙を理解 高岡龍谷高で出前講座
 高岡市選挙管理委員会の出前講座が2日、同市古定塚の高岡龍谷高校で開かれ、4月以降に有権者となる2年生188人が選挙制度に理解を深めた。
 高岡市長選を想定した模擬選挙を実施し、酒井光希さん、西部周一郎さん、丸山真優さんの2年生3人が候補者役を務めた。財政難の解消や北陸新幹線の活性化、産業振興といった公約をそれぞれ演説で訴えた。生徒たちは用紙に記入して投票箱に入れるまでの手順を体験し、担当者が開票作業を行った。
 市選管事務局の職員は選挙制度の原則である普通、平等、秘密、直接の4点の意味を説明。近年は投票率が低く、特に若い世代でその傾向が強いことを伝え、候補者や政党の情報を集める手段として新聞やインターネットなどを紹介した。
(北日本新聞記事引用終わり)







3月2日(金)、高岡龍谷高校にて、高岡市選挙管理委員会による出前講座が開催。
2年生の全生徒の皆様が、受講されました。
昨年に続き、高岡市選挙啓発サポーター「T-voice」のメンバーとしてお手伝い参加。
講座の内容については、上記新聞記事の通りですが・・・とにかく、模擬選挙の演説がとても感動しました!

T-voice等を通し、若年層の投票率を上げる活動を、これからも続けていけたらいいなと思います。


PR

高岡市選挙啓発サポーター「T-voice」活動中!

★詳しい情報はこちら★
10月22日は、衆議院議員総選挙・最高裁判所裁判官国民審査及び高岡市議会議員選挙の投票日です(高岡市ホームページ)
 投票の呼びかけを行いました(同上)








10月22日(日)は、衆議院議員総選挙・最高裁判所裁判官国民審査
そして、高岡では高岡市議会議員選挙も行われます。

高岡市議会議員選挙のポスター・・・高岡市選挙啓発サポーター「T-voice」のメンバーが作成しました。





昨年秋の高岡法科大学大学祭以来、当ブログでの更新が止まっておりましたが・・・。
今年度も「T-voice」は絶賛活動中であります。

私はついに最年長メンバーとなりました・・・。




さて、今回の選挙に向けて、活動は本格化。








先日、万葉まつりの記事でも更新しました通り、10月7日(土)万葉集全20巻朗唱の会2日目に、T-voiceメンバーで朗唱出演。
朗唱と同時に、T-voiceの紹介と投票の呼びかけを行いました。




また、10月9日(月)から1週間、高岡ケーブルネットワーク・コミュニティチャンネルの市政情報番組「もっと!ホット!高岡」に、T-voiceメンバーが出演。
ユニークな演出も交えながら、投票を呼びかけました。
(なお、今回は私は出ておりませんw)

もっと!ホット!高岡 2017年10月9日放送回(高岡放送部)














そして、10月11日(水)以降「めいすいくん」と一緒に、市内各地で街頭啓発を行っています。





いよいよ今週末が投票日となりました。
大事な一票、決して無駄にしないよう・・・皆さん、投票に行きましょう!!



【イベント参加報告】高岡法科大学 大学祭 T-voiceブース出展(11/5・6)



5日(土)、法科大大学祭に登場した「のな×もり」のお二人。





11月5日(土)・6日(日)。
高岡法科大学にて、大学祭が開催されました。











両日、高岡市選挙啓発サポーター「T-voice」のブースを出展。
「THD23総選挙 23ブースの頂点に立つのはどこだ!」と題し、大学祭に出展した企画・ブースの人気投票を開催いたしました。



選挙啓発活動を終え・・・

7月10日(日)、第24回参議院議員通常選挙が行われました。

今回、選挙権年齢が18歳以上に引き下げられたことが注目となり、私自身も若年層への啓発活動に参加させていただくこととなりました。



まずは、(公社)高岡青年会議所で実施した、高校生に対する有権者教育事業
4月28日(木)に高岡第一高校、5月2日(月)に高岡向陵高校を訪問し、3年生全クラスを対象に選挙教育を実施いたしました。


選挙啓発活動(青年会議所・T-voice)(当ブログより)
選挙教育事業(高岡向陵高校)(5/2)(当ブログより)
有権者教育事業のご報告(高岡青年会議所のホームページ)





そして、この経験をきっかけに、「もっと若年層への選挙啓発に携わっていきたい」と思い、参加させていただいたのが、今年4月に結成された高岡市選挙啓発サポーター「T-voice」でした。


T-voice(高岡市選挙啓発サポーター)(高岡市ホームページより)
【イベント参加報告】参院選啓発活動出発式(6/24)(当ブログより)


高校生、大学生をはじめとする、10代・20代の有志がメンバーとして活動しております。
参院選の期間は、駅前やショッピングセンターでの街頭啓発に参加させていただきました。




こうして、春から様々な形で選挙啓発に携わらせていただき、自分自身にとっても投票の大切さについて考えさせられる機会となりました。





さて、これまでの啓発活動が実ったのか実っていないのか。
参院選の高岡市内の投票率は一応上がったそうですが、それでも50%程度の世界です。
若年層の投票率も含め、決して満足の行く結果ではないと思います。

今後は、秋に富山県知事選挙、来年には高岡市長選挙と高岡市議会議員選挙があります。
ここからは若年層に、どのように地方政治に関心を持ってもらうか。
そして、選挙のない期間でも、どのような活動を展開していけるか。
そういったところが目標となってくると思います。

これからの活動については、またT-voiceの会議等で話し合うことになると思いますが、高岡の若者として先頭に立って、選挙啓発に取り組んでいけたらなと思います。



メディア掲載・出演のご報告(T-voice関係 市民と市政、高岡ケーブル、KNB、NHK富山)

ようやく7月初投稿となりました。申し訳ございませんでした。




さて、7月10日(日)に参議院議員選挙が行われましたが、選挙期間中、高岡市選挙啓発サポーター「T-voice」のメンバーとして様々な選挙啓発活動に参加させていただきました。

そんな中で、数々のメディアに取り上げていただくことになりました。
今回はまとめて紹介いたします。










高岡市広報紙『たかおか市民と市政』7月号
特集「7月10日(日曜日)は参議院議員選挙の投票日です」

たかおか市民と市政7月号 参議院議員選挙特集(HTML版)
たかおか市民と市政7月号 1~9ページ(PDF版)


まず、高岡市広報紙『たかおか市民と市政』7月号の特集(4・5ページ)に登場させていただきました。
T-voiceメンバーが、投票の仕方や期日前投票制度について説明しております。

私個人としては、2014年7月号の特集「おもてなしのススメ」に続く、市民と市政登場でありました(笑)







高岡ケーブルネットワーク コミュニティチャンネル番組
「もっと!ホット!高岡」(7月3日~10日放送分)

高岡ケーブルネットワーク・コミュニティチャンネルの市政情報番組「もっと!ホット!高岡」に、出演させていただきました。
参議院議員選挙について、T-voiceメンバー3人で「寸劇」をしております。
なお、後ほど高岡ケーブルネットワークのホームページ内の「高岡放送部」にて、動画が公開されるかと思います。

高岡放送部 もっと!ホット!高岡(高岡ケーブルネットワークのホームページ)










KNB(北日本放送)ニュース(7月8日)

若者がJRの駅で参院選への投票呼びかけ(KNBニュース 7月8日 ※一定期間が過ぎるとリンク切れになります)


(上記リンクより引用)
若い世代の投票率を上げようと高岡市内に住む高校生や大学生らが8日、市内の駅で参議院選挙への投票を呼びかけました。

呼びかけたのは、高岡市の高校生や大学生ら13人でつくる選挙の啓発活動を行う団体、「T‐voice」です。

この団体は、選挙権の年齢が18歳以上に引き下げられたことから若者目線で啓発活動を行おうと、高岡市がメンバーを募集し、ことし3月に発足しました。

8日は、JRの越中中川駅と戸出駅で、メンバーと市選挙管理委員会の職員が、通学する高校生に参議院選挙の投票日などが書かれたチラシおよそ600部を配りました。

T‐voiceメンバー福岡経さん「18歳、19歳の人たちに選挙に行ってほしいなという思いで活動しています」

参議院選挙の投票日は10日です。
(引用終わり)



7月8日(金)朝、JR越中中川駅前にて、選挙啓発活動を実施いたしましたが、その様子をKNB(北日本放送)に取り上げていただきました。
まさかの、名前つきでインタビュー登場でした(笑)








NHK富山 参議院議員選挙開票速報(7月10日)

7月10日(日)、NHKの開票速報番組内で、全国放送と富山放送局限定放送が時々切り替わっておりましたが、富山放送局枠の中で「若者への啓発活動」としてT-voiceの活動を取り上げていただきました。

高岡市役所内で開催された会議の様子と、6月24日(金)に開催された高岡駅での啓発活動の様子が放送されました。

また、翌11日(月)朝の参院選特集番組でも、同じ映像を取り上げていただきました。








以上、ご報告とさせていただきます。



【イベント参加報告】参院選啓発活動出発式(6/24)



選挙のめいすいくんです。
投票箱をモチーフにしており、頭には票を入れる穴。そして・・・。







背中には鍵がついております。








6月24日(金)、高岡駅で参院選啓発活動の出発式が開催されました。







プロ野球独立リーグ・ルートインBCリーグ 富山GRNサンダーバーズの選手と、高岡市選挙啓発サポーター「T-voice」最年少メンバー(女子高生)による始球式「一票入魂セレモニー」が開催。







一票入魂セレモニーの後、高岡駅改札前で選挙啓発グッズの配布を行いました。






なお、この選挙啓発活動の様子は、本日25日(土)の富山新聞朝刊に取り上げていただきました。






雷鳥軍団、投票呼び掛け 高岡駅で啓発運動(富山新聞 2016年6月25日)

(上記記事より引用)
 7月10日投開票の参院選で、高岡市明るい選挙推進協議会などは24日、高岡駅周辺で街頭啓発運動を実施し、通行人らに投票を呼び掛けた。

 同協議会のほか市選挙管理委員会や、市の若者を中心とした選挙啓発サポーターグループ「T-voice」、富山GRNサンダーバーズの選手ら約20人が参加し、チラシやポケットティッシュを駅利用者に手渡した。
(引用終わり)









【イベント情報】第24回参議院議員通常選挙 啓発活動出発式(6/24)

6月22日(水)、第24回参議院議員通常選挙が公示されました。
そして本日23日(木)、期日前投票が始まりました。
投票日は7月10日(日)になります。




さて、明日24日(金)、高岡市における選挙啓発活動の、出発式が開催されます。
我々「T-voice」メンバーも参加させていただく予定です。

この出発式をスタートに、選挙啓発活動を行っていきます。







第24回衆議院議員通常選挙 啓発活動出発式

日時:2016年6月24日(金)18時~
場所:高岡駅 改札前ほか

内容
・一票入魂セレモニー
・啓発活動

ゲスト
プロ野球独立リーグ・ルートインBCリーグ 富山GRNサンダーバーズ選手(詳細はこちら



高岡市若者選挙啓発サポーター「T-voice」を、富山新聞に取り上げていただきました(6/17)

選挙啓発、若者が議論 高岡(富山新聞 2016年6月17日)





(上記記事より引用)
 7月10日投開票の参院選に向け、高岡市の若者を中心とした選挙啓発サポーターグループ「T-voice(ティーボイス)」は16日、選挙期間中の啓発運動について意見を交わした。

 ティーボイスは、選挙権年齢が18歳以上に引き下げられたことを契機に、高岡市明るい選挙推進協議会が3月に発足させた。

 16日はメンバー12人のうち、高校生や大学生ら9人が市選挙管理委員会の職員と、啓発チラシや広報用の映像について話し合った。10代のメンバーからは「問い合わせ先は電話よりホームページの方が分かりやすい」「QRコードを掲載した方がいい」などの意見が上がった。選挙期間中、市の街頭啓発活動に参加することも決めた。
(引用終わり)





昨日6月16日(木)、高岡市若者選挙啓発サポーター「T-voice」(ティーボイス)の打ち合わせがあり、その様子を富山新聞さんに取り上げていただきました。

今年4月より「T-voice」のメンバーとして活動させていただいております。
メンバーは学生さんが多く、24歳の私はかなり長老であります・・・(笑)

いよいよ選挙権年齢が18歳以上に引き下げられ、7月10日(日)に参議院議員選挙が行われます。
若年層の投票率向上を目指し、自らが先頭に立って行動していきたいなと思います。



T-voice(高岡市選挙啓発サポーター)メンバー募集

T-voice(高岡市選挙啓発サポーター)メンバー募集(高岡市ホームページ)






高岡市明るい選挙推進協議会では、選挙啓発の活動に参加していただける若者のみなさんを募集しています。
選挙権をもつ年齢が18歳に引き下げられた今こそ、若者の一票を将来へ反映させましょう!




~T-voice(ティーボイス)とは?~

高岡の若者の声を将来へ反映したいという想いを込めて結成された、高岡市選挙啓発サポーターです。
高岡(Takaoka)の頭文字「T」と、「voice」(声)で、高岡の声を届けられるようにという想いを込めました。



~こんな人を募集しています~

高岡市内に在住・在学の高校生以上の若者のみなさん(年齢は問いません)




~こんな活動をします~

(案)
・小学校等で行う模擬投票の補助
・選挙期間中の街頭啓発(投票を呼びかけるチラシ・グッズ配り)
・期日前投票所での投票事務従事

今後、T-voiceメンバーの意見を踏まえ、さまざまな選挙啓発活動に取り組むことを予定しています。




~活動期間~

活動期間は1年間です。(希望に応じて更新も可能です)
自分の都合に合わせて活動に参加できます。



~2016年の選挙日程(予定)~
夏ごろ…参議院議員選挙
秋ごろ…富山県知事選挙




~申込方法~

T-voiceメンバー申込用紙に必要事項を記入し、メール、FAXまたは郵便で、下記の申込先まで送ってください。

T-voiceメンバー申込用紙(PDF:91KB)



~申込先~
〒933-8601 高岡市広小路7番50号
高岡市明るい選挙推進協議会

TEL:0766-20-1242
FAX:0766-20-1325
E-mail:senkyo@city.takaoka.lg.jp