忍者ブログ

高岡ふるさと応援隊会員No.0001のブログ

「高岡ふるさと応援隊」会員No.0001による、高岡の情報発信等を目指したブログです。

【イベント参加報告】たかおか落語祭り2018 番外編「第6回地域交流大仏茶屋寄席」(3/10)







3月10日(土)・11日(日)の2日間、「たかおか落語祭り2018 番外編」が開催。
たかおか落語祭りでお馴染み・金原亭馬玉師匠による寄席が、市内3会場で行われました。

そのうち、10日(土)の「第6回 地域交流大仏茶屋寄席」で、設営のお手伝いとして参加。
もちろん、寄席本番も楽しませていただきました。
安定の馬玉師匠、そして前座として出演されたおむすび亭おでんさんの落語、とても笑わせてもらいました。



さて、今年の「たかおか落語祭り」は、6月1日(金)~3日(日)の開催となります。
高岡じゅうが、落語にあふれる3日間。ぜひ、お楽しみください!!


PR

【イベント参加報告】土産品開発セミナー(2/8)



2月8日(木)。
たかおか観光戦略ネットワーク主催「土産品開発セミナー」を受講させていただきました。

前半は、商品ジャーナリストでサイバー大学IT総合学部教授の北村森先生による講演。
後半は、㈱室屋さんの「室屋の昆布小箱」の事例紹介、ならびにグループワークという内容でした。

「売れる土産」「売れない土産」とは何か。
「売れる土産」を作るにはどうしたらいいか。
短い時間ではありましたが、そのヒントを得ることができました。



【イベント参加報告】第17回 山町筋の天神様祭(1/21)



1月21日(日)。
重要伝統的建造物群保存地区・山町筋で開催された「第17回 山町筋の天神様祭」に足を運びました。
1月20日(土)・21日(日)の2日間、開催されたお祭りです。





















山町筋の各所にて、「天神様」が飾られておりました。
1週間前の雪がまだ路上に残る中でしたが、多くの方が見物に来られていました。





さて、山町筋では、3月10日(土)・11日(日)「山町筋のひなまつり」も行われます。
こちらも注目です!







重要伝統的建造物群保存地区・山町筋周辺の地図(Googleマップ)



【イベント参加報告】第32回 日本海高岡なべ祭り(1/13・14)



「給食当番」だった時からは少し解けましたが・・・。
1月13日(土)朝の高岡大仏です。







末広町通りも、とんでもない雪でした・・・。





さて、大雪残る1月13日(土)・14日(日)の2日間。
そんな高岡市中心市街地にて、「第32回 日本海高岡なべ祭り」が開催されました。

13日(土)は、大雪の影響が強く残り、人出はかなり少なく感じました。








しかし、14日(日)は、うってかわってかなりの人出になりました。
写真はちょっと分かりにくいですが・・・。








さて、鍋の方ですが・・・。
まず、土曜日に大人気の「海鮮シチュー鍋」を。
大人気すぎて、いつも行列で、諦めていたのですが・・・。
土曜日の人出のなさは記録的で、正午すぎでも並ばずに買うことができました。







更に、美濃屋のカレーうどんもいただきました。







そして、日曜日はイベリコ豚のコラーゲン鍋






もちろん、名物「高岡すり身ごっつお鍋」もいただきました!






今年も、なべ祭りを存分楽しむことができました。
高岡の2018年、本格スタートです!



【イベント参加報告】リノベーションスクール@高岡(12/1~3)







★詳しい情報はこちら★
リノベーションスクール@高岡(外部リンク)




12月1日(金)~3日(日)。
「リノベーションスクール@高岡」を受講させていただきました。

実際の空き物件を教材とし、活用策を練り、事業計画を立て、公開のプレゼンテーションで発表するという実践的なスクールです。








一時帰宅する時間は多少ありましたが・・・(笑)
ほぼ3日間ぶっ通しの「合宿」状態。

初日に初めて対象物件の発表があり、3日目の公開プレゼンテーションまでに活用策・事業計画を練らなければなりませんでした。
とてもハードでしたが、楽しい3日間でした。






ちなみに、今回のリノベーションスクール@高岡での対象物件は3つ。

・川原本町空き家群
・高の宮通り「ルパン」跡
・大仏飲食店街









そのうち、私が所属したチームでは、高岡大仏裏にある「大仏飲食店街」を担当させていただきました。
昔なつかしい雰囲気の残る飲食店街ですが、現在12店舗中10店舗が空きとなっています。






さて、3日間の成果である「公開プレゼンテーション」は、You Tubeでライヴ配信されました。
現在もアーカイブとして公開されておりますので、ぜひご覧ください!
3箇所の空き物件は、どうリノベーションされていくのか・・・。



もちろん、プレゼンがゴールではありません。
プレゼンで発表した「事業計画」をもとに、これから本格的にプロジェクトがスタートする予定です。
ぜひ、今後の展開にも、ご期待ください!!



【イベント参加報告】大伴家持生誕1300年記念演劇『大伴家持 剣に歌に、夢が翔ぶ!』(11/26)






★詳しい情報はこちら★
剣に歌に、夢が翔ぶ!(高岡市ホームページ「もっとホット高岡ニュース」)





11月26日(日)。
高岡市民会館にて、大伴家持生誕1300年記念演劇『大伴家持 剣に歌に、夢が翔ぶ!』が上演。
大伴家持役の和泉元彌さん家持の妻・坂上大嬢役のとよた真帆さんをはじめ、多くの方が熱演されました。








今回、エキストラ、合唱、踊りなどで、多くの市民も参加。
私も兵士役エキストラで出演させていただきました!(笑)

前日は午前から夜まで、当日は朝から。長丁場の練習、そして本番でしたが、とても楽しい経験となりました。








ちなみに、会場では10月8日(日)に同じく大伴家持生誕1300年記念イベントとして開催された、「高岡かざぐるまアート2017」のかざぐるま展示もありました。



【イベント参加報告】地域デザイン講演会(10/28)



10月28日(土)。
高岡商工ビルで開催されました、「地域デザイン講演会」を受講いたしました。
仙台市にてリノベーションまちづくりに取り組まれている、本郷紘一先生による素晴らしいご講演でした。

自転車1台でスタートさせたコーヒー店、地域活性化イベント、そして空き店舗や公園などのリノベーションといった、本郷先生がこれまで取り組んでこられた事例紹介や、チームで取り組む大切さなどを教えていただきました。

補助金に頼らないまちづくり。空き物件のリノベーション。
今後地域を盛り上がっていくにあたっての、キーワードだと思います。
高岡でも徐々にその動きが見られています。

私も何か起こせないか・・・講演を通し、これからのまちづくりにへのヒント、そして行動への勇気をいただけたなと思います!
高岡もリノベーションしていきましょう!!




【イベント参加報告】第37回高岡万葉まつり(第28回万葉集全20巻朗唱の会)(10/6~8)



10月6日(金)~8日(日)の3日間。
「第37回 万葉まつり」が開催されました。








中心となるイベントは、高岡古城公園中の島付近の特設水上舞台で開催された
「第28回 万葉集全20巻朗唱の会」

万葉集全20巻4,516首を、金曜午前から日曜夕方までの約3日間ノンストップで、参加者がリレー方式で朗唱しました。









こちらは土曜日明け方の様子です。





さて、私はまず金曜日午後に、受付動員として参加。途中から雨でした・・・。







そして、土曜日11時頃、高岡市選挙啓発サポーター「T-voice」として朗唱舞台へ。
自分は朗唱の担当ではなく、ラストの投票呼びかけセリフでした(笑)








更に・・・土曜深夜。日曜日の午前2時頃。
(公社)高岡青年会議所として再び朗唱参加。
団体として、なんと約2時間、200首ほどを担当(笑)
私一人でも17首を朗唱させていただきました・・・(^^;)

とてもいい経験となりました!(笑)






また、3日目の8日(日)には、同じく(公社)高岡青年会議所主催「高岡かざぐるまアート2017」を開催。
こちらの様子は単独記事にて後程アップしたいと思います。






さて、今年の万葉まつり。
スタッフ、朗唱参加などでがっつり参加してみて・・・。
なんだかわからないけど、心の底から何かアツいものがこみ上げてきました。
来年以降はもっと朗唱に積極的に参加できたらいいなと思います。



【イベント参加報告】大伴家持生誕1300年記念セレモニー(10/1)





10月1日(日)。
伏木地区にある重要文化財・勝興寺にて開催されました、「大伴家持生誕1300年記念セレモニー」を観覧いたしました。



セレモニーには、11月末に高岡などで公演される記念演劇の主演、和泉元彌さんとよた真帆さんも出席。
お二人を交えたトークセッションも開催されました。





【イベント参加報告】前田利長公顕彰祭(9/13)







9月13日(水)。
前田利長公墓所(国指定史跡)にて、「前田利長公顕彰祭」が開催されました。

加賀前田家2代藩主・前田利長公が高岡城に入城し、高岡の町が誕生したのが1609年9月13日
今年で開町408年となりました。




前回の更新でも書きました通り、墓域のうち石塔のある中心部分が一般開放される、一年で唯一の日

思えば8年前の開町400年時、イベント参加前に足を運ぼうと思っていたのに、時間的な問題で断念。
その後の7回も、結局行けずに今に至りました。



今年、ついに足を運ぶことができました!!




戦国武将個人の墓所としては国内最大規模と言われる前田利長公墓所。
高さ11.9m(11.75mとされていましたが、近年の調査で発覚)の石塔を間近で見ることができました。