忍者ブログ

高岡ふるさと応援隊会員No.0001のブログ

「高岡ふるさと応援隊」会員No.0001による、高岡の情報発信等を目指したブログです。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

万葉集全20巻朗唱の会へ、約15年ぶりに足を運びました(10/4)

ちょっとお久しぶりです。
色々飛びまわっていたので、ブログを更新する時間がありませんでした・・・。
また、週末の寮祭の心配も色々ありまして、落ち着けない日々を送っていますが(笑)

更新を怠ってしまうとどんどん過去の話になってしまうので、いったんここで更新したいと思います。





10月3日(金)~5日(日)の3日間、高岡の秋の風物詩「高岡万葉まつり」が開催されました。
そのうち3日と5日は、別の場所に飛び回っていたので、4日(土)に足を運んできました。







その前に、同じ4日(土)高岡駅地下街にて、獅子舞に親しむイベント「ししあそび」が開催されていたので、足を運びました。
獅子頭彫りの実演コーナー。
高岡ケーブルテレビの「おしえて!獅子舞テレビ」にも出演中の、高畠久宗さんです。








夜、高岡駅前から古城公園へ向かう途中、高岡大仏のライトアップがされていたので、撮影しました。








さて、古城公園へ。
奥には「万葉集全20巻朗唱の会」の特設ステージが見えます。
お濠がとても美しい景色となっていました。








光りすぎていてよく見えませんが、「万葉集全20巻朗唱の会」の様子。
その名の通り、このステージ上で万葉集全20巻を朗唱する、3昼夜、56時間に及ぶリレーイベントです。

実はこの会場に足を運ぶのは、約15年ぶりのことになります。
おそらく小学校低学年以来。

このイベント、高岡ケーブルテレビのコミュニティチャンネルでも56時半に及ぶ完全生中継を行うのですが、
うちの父がかつてケーブルテレビに勤めていたので、夜通し中継の仕事に行っている父に家族で会いに行った、というのが最初で最後だったと思います(笑)








「赤い橋」として有名な朝陽橋から、特設ステージ後ろ側を写しました。
今まで後ろから見たことは、もちろんありませんでした。








赤い橋・朝陽橋も、ライトアップされていました。








中の島より、ステージの左側も写してみました。
奥で光っているのは、「朝陽の滝」です。








というわけで、朝陽の滝まで来てみました。
きれいにライトアップされています。







さて、こちらがベストショットなのではないでしょうか。
お濠の上の特設通路から、ステージを撮影しました。



こうして、父にちょっかいかけに行っただけの子ども時代以来、約15年ぶりにちょっとだけ足を運びましたが・・・。
とにかくこの美しい雰囲気に圧倒され、改めてすごいイベントなんだなと実感いたしました。
また、3昼夜ぶっ通しで行うというこのイベントを25年も続けている関係者・スタッフの皆さんの苦労も感じました。
大変だと思いますが、これからも続けて欲しいと思います。

そして、来年はぜひ朗唱に参加してみたいなとも思いました。








帰り、朝陽橋のベスト撮影スポットから撮ってみましたが・・・。
ズーム効かないせいで、分かりにくい写真になってしまいました。







そして、なんとなく幻想的な古城公園の通路も撮影してみました。







それではまた。


PR