忍者ブログ

高岡ふるさと応援隊会員No.0001のブログ

「高岡ふるさと応援隊」会員No.0001による、高岡の情報発信等を目指したブログです。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


【イベント参加報告】一心ほっと空間ライヴ2016 10月号(10/23)



10月23日(日)。富山市のラーメン一心丸の内店にて、「一心ほっと空間ライヴ2016 10月号」が開催。








小矢部の歌姫・CHIHHIEさんが主催。前半はもちろんCHIHHIEさんによるライヴ。
今回は全てオリジナル曲でした。









そして、今回のスペシャルゲストは、藤子先生大好き芸人「藤子FA宣言隊」の富子山雄さん
元吉本興業所属で、「初代富山県住みます芸人」という経歴を持つ富子さん。
今回はラーメン屋ならではの、ドラえもんネタを披露されました。

写真はありませんが、私も直前に「スネ夫出演」が決定。スネ夫の格好で歌わせていただきました・・・(笑)
(この翌日、初代スネ夫役声優・肝付兼太さんの訃報がありました。心よりご冥福をお祈りいたします)







また、主催のCHIHHIEさんは、イベント3日前の10月20日が誕生日だったということで、サプライズを挙行。
無事成功して良かったです。


PR

【イベント情報】一心ほっと空間ライヴ2016 10月号(10/23)

一心ほっと空間ライヴ2016 10月号(Facebookイベントページ)






今月も、お手伝いをさせていただいております富山市のイベント告知です。
明日10月23日(日)、富山市のラーメン一心丸の内店にて、「一心ほっと空間ライヴ2016 10月号」が開催されます。

今回のゲストは・・・趣向を変えまして、藤子先生大好き芸人・藤子FA宣言隊の富子山雄さんです。



一心ほっと空間ライヴ2016 7月号より。一番左が富子山雄さん。
右から二番目が主催のCHIHHIEさん。





富子さんは元吉本興業の芸人さんで、2011年に「初代富山県住みます芸人」として富山県に来られました。
その後フリーとして富山県に残り、2015年より「藤子FA宣言隊」の富子山雄さんとして活動されております。
2016年には、生活拠点を富山市から高岡市に移すほど、藤子先生にアツい方であります。

30分間のCHIHHIEライヴの後、1時間たっぷりのお笑いライヴです。
ぜひ、たくさんのご来場をお待ちしております。







一心ほっと空間ライヴ2016 10月号

ゲスト:藤子FA宣言隊
日時:2016年10月23日(日)
 開場:14時30分
 開演:15時00分〜
15時〜15時30分 CHIHHIE
15時40分〜16時40分 富子山雄
18時完全撤収

場所:ラーメン一心丸の内店(富山市電 丸の内駅と県庁前駅の間)
入場料:500円(持ち込み自由)
※お店は定休日です。



【イベント参加報告】FUJII ROCK FES 2016秋~見切り発車の郷土愛リサイタル~(9/23)



9月23日(金)
高岡出身の名漫画家、藤子・F・不二雄先生が亡くなられて、20年となったこの日。
富山市の「フォルツァ総曲輪」で開催された「FUJII ROCK FES 2016秋~見切り発車の郷土愛リサイタル~」にて、スネ夫の恰好でステージに立たせていただきました。

藤子先生大好き芸人・富子山雄さんのステージのエキストラとして出演。
「ドラえもんのうた」の2番(富山弁では「にだいめ」)を歌わせていただくという内容でした。

短い出演ではありましたが、大変貴重な経験をさせていただきました。



【イベント参加報告】第3回 富山・藤子ファン交流会(8/7)










8月7日(日)、「第3回 富山・藤子ファン交流会」に参加させていただきました。




この日は、高岡市出身の藤子・F・不二雄先生の代表作「ドラえもん」に登場する「のび太」の誕生日。
というわけで、第3回交流会の開催日となりました。

第3回交流会は、「藤子先生作品関連曲限定カラオケ」という、大変面白い試み。
藤子先生原作アニメの主題歌や、映画版ドラえもんの主題歌などなど、様々な歌が参加者より披露されました。




ちなみに、私は

・ひまわりの約束(秦基博)→映画『STAND BY ME ドラえもん』(2014年)主題歌
・ボクノート(スキマスイッチ)→映画『ドラえもん のび太の恐竜2006』(2006年)主題歌
・My First Kiss(Hi-STANDARD)→アニメ『キテレツ大百科』主題歌のカバー(私個人としては、荻布寮時代に寮祭バンドで歌わせていただいた曲)
・未来切手(コブクロ)→歌詞にドラえもんと思わせる表現が登場



あたりを歌ったところで、限界が来まして、その後は・・・。



・ハイスクールララバイ(イモ欽トリオ)→イモ欽トリオの長江健次さんが、ドラマ版『まんが道』の主演
・慎吾ママのおはロック(慎吾ママ)→慎吾ママことSMAPの香取慎吾さんが、映画版『忍者ハットリくん』の主演
・忍者はどこじゃ(NHKみんなのうた)→「ドラえもんのうた」などで有名な山野さと子さんが歌う、「忍者」の歌
・Dragon Night(SEKAI NO OWARI)→「Dragon Night」を「ドラえもん」と替え歌で歌う



・・・などなど、「こじつけ担当」として活躍させていただきました(笑)






とにかく知識不足で悩みましたが、他の参加者の皆様から色んな歌があるんだなということを学ばせていただき、楽しい時間を過ごすことができました。
また、知ってはいたけど記憶の底に眠っていた曲が蘇ったりもして、懐かしく感じました。

さて、次回の藤子ファン交流会は、どのような形で開催されるのでしょうか。
今から楽しみです。



【イベント参加報告】第2回 藤子ファン交流会(7/24)



7月24日(日)。
第2回 藤子ファン交流会に参加させていただきました。

この日は、『忍者ハットリくん』に登場する獅子丸の誕生日。
それから、お笑いユニット「藤子FA宣言隊」で活躍されている高倉岡二さんの誕生日でもありました。

というわけで、富山市内のココスで、獅子丸と高倉さんの誕生会。
そして、今月いっぱいで芸人を引退される高倉さんの送別会も開催されました。







その後、富山城のすぐそばにある、ラーメン一心丸の内店へ。







この日、一心ほっと空間ライヴが開催。
以前、ジャイアン役として藤子FA宣言隊と共演した、キトキトロケンローラー寅さんがゲストでした。

リオ五輪女子レスリングに出場する高岡市出身の登坂絵莉選手の応援ソングをはじめ、とっても楽しいライヴで盛り上がりました。








のび太とスネ夫も寅さんライヴを応援!!
・・・はい、わたくしまたしても、スネ夫の恰好をさせていただきました(笑)







そして、ライヴ主催者のCHIHHIEさん(右から二番目)は、なんとジャイ子役(笑)
CHIHHIEさんと言えば、出身地・小矢部市のイメージソング(高原兄さん作詞作曲)を歌うことが発表されましたね。
こちらも今注目のアーティストです。

ってかこの写真、芸人お二方、シンガーソングライターお二方という豪華メンバーの中で、私がセンターにいるという信じられない光景であります(^_^;)

とにかく楽しませていただきました!!





なお、次回の藤子ファン交流会は、8月7日(日)に高岡市野村のカラオケ店で開催される予定です。
お時間のある方はぜひ、ご参加ください!!





【イベント参加報告】第1回 藤子ファン交流会 in 高岡(6/12)







6月12日(日)。
高岡出身の漫画家 藤子・F・不二雄先生の住居跡に作られた「定塚ギャラリー」にて
「第1回 藤子ファン交流会 in 高岡」が開催されました。


地元の中学生や、県外から来たコアなファンなど、幅広いファンが集まり、藤子トークで盛り上がりました。






主催は、お笑いユニット「藤子FA宣言隊」として活動する藤子先生大好き芸人・富子山雄さん(右)。
「藤子先生が生まれた富山県で、ファンの交流会を開催したい」という想いで実現されました。

写真は、序盤で開催されたコントの様子です。
この時のジャイアン役は、お笑い芸人のクラッシャーいさおさん
のび太役は、ラッパーとして活躍されているNonaさん




この会場で、高岡市荻布学生寮時代の先輩と約5年ぶりの再会。
しかもその先輩による評論家顔負けのコアなトークに、会場一同が感心するという出来事もありました。



私は申し訳ないことに、藤子先生に関する知識はあまりありませんでしたが、ファンの皆様によるアツい話にものすごく感銘を受けました。
藤子先生は多くの人に愛されており、そんな偉人が生まれた地に自分がいることは、誇りに思わなければいけないんだなと。

「藤子先生の生まれた町」として盛り上げていくには、まだまだ越えなければならないハードルがあるかと思いますが、これからしっかりと盛り上げていかなければいけないなと思いました。
第2回以降も、ぜひ参加させていただきたいなと思います。







なお、諸事情により途中でスネ夫の恰好をさせていただきました(笑)



藤子・F・不二雄常設ギャラリーの名称・ロゴマークが決まりました

高岡市 藤子・F・不二雄ふるさとギャラリー「名称」「ロゴマーク」「キービジュアル」決定について(高岡市長記者会見資料・PDF)
ロゴマーク(同)
キービジュアル(同)






12月1日、高岡市美術館内にオープンする、藤子・F・不二雄さんの常設ギャラリーの、名称やロゴマーク等が決定しました。








~名称~

「高岡市 藤子・F・不二雄ふるさとギャラリー」
FUJIKO-F-FUJIO HOMETOWN ART GALLERY



~ロゴマーク~
こちらをご参照ください(PDF)

ふるさとを想う気持ちをイメージして、柔らかい吹き出しの形で表現したもの



~キービジュアル~
こちらをご参照ください(PDF)

藤子氏が漫画家となる夢を描いた古城公園の卯辰山(通称二つ山)から、朝日を眺める藤子氏とキャラクターたちを表現したもの







いよいよ3ヶ月後に迫り、名称やロゴマークも決まりました。
キービジュアルを見てみると、古城公園の卯辰山が、藤子・F・不二雄さんの代表作「ドラえもん」に登場する「学校の裏山」のモデルなのではないかと思ってしまいますね。


ちなみに、今日は「ドラえもん」の主人公・ドラえもんの誕生日です。
ドラえもんトラムの運行期間も延長しましたし、ドラえもんの風景がある街として、更に盛り上がればいいですね。



ドラえもんトラム、運行期間3年間延長へ!!(2015/9/1~2018/8/31)

ドラえもんトラムの運行継続について(高岡市長記者会見資料・PDF)





高岡と新湊を結ぶ路面電車「万葉線」にて、2012年9月8日から運行されている「ドラえもんトラム」
運行は今年の8月31日をもって終了する予定でしたが、
この度、2018年8月31日までの3年間の運行継続が決定したそうです!!


ドラえもんの作者である藤子・F・不二雄さんが生まれ育った高岡。
ぜひ、今後もドラえもんトラムをはじめとするドラえもんの風景を楽しんでみてください\(^o^)/









【5月6日まで開催!】生誕80周年記念 藤子・F・不二雄展に行ってきました(5/4)



3月1日(日)から5月6日(祝・水)まで、高岡市美術館で開催中の
「生誕80周年記念 藤子・F・不二雄展」に足を運びました。








入口からすぐの場所。
なんとか人がいない時にこんな角度から撮りましたが、行ったのは5月4日。
GW期間中ということで、外にまで列ができているレベルで混雑していました。








1階の撮影可能スポットにて。
色んな道具を持ったドラえもんがいました。






どこでもドアのドアノブ。
どこでもドアは、鍵付きのドアでした。







地階の撮影可能スポット。こちらにもドラえもんがいっぱい。






黄色くて、耳のある、元祖ドラえもん。







ドラえもんの耳を撮ってみました。







石ころ帽子です。






写真は以上です。

この他、SF(すこし・ふしぎな)シアターの上映や、代表作と共に振り返る藤子・F・不二雄の年表、のび太の机の引き出しなど体験&撮影コーナーがありました。
一人で行きましたが(笑)、とても楽しむことができました。



やはり藤子・F・不二雄は高岡の誇る偉人だなと改めて思いました。
今回の展覧会は明日までですが、高岡市美術館に常設ギャラリーが設置されることが決まりましたし、万葉線のドラえもんトラムや高岡駅のドラえもんポスト、おとぎの森公園のドラえもんモニュメントは大きな話題となっています。
色々課題もあるそうですが、「ドラえもんのまち高岡」として、定着していくといいですね。



高岡市美術館で「生誕80周年記念 藤子・F・不二雄展」が開催されます(3/1~5/6)

生誕80周年記念 藤子・F・不二雄展(公式サイト)
生誕80周年記念 藤子・F・不二雄展(高岡市観光ポータルサイト「たかおか道しるべ」)






高岡が生んだ名漫画家、藤子・F・不二雄さんの生誕80周年を記念した
「生誕80周年記念 藤子・F・不二雄展」が、3月1日(日)~5月6日(水)に高岡市美術館で開催されます。

期間中の3月14日(土)には北陸新幹線開業を迎え、新高岡駅に速達列車「かがやき」が1日1往復、終盤となるGW期間中は1日2往復停車します。
ぜひ、東京方面の皆様は新幹線を利用して、美術館に足を運んで欲しいなと思います!



また、高岡の街は高岡駅のドラえもんポスト、万葉線のドラえもんトラム、おとぎの森公園の広場など、ドラえもんの風景がたくさんあります。
この機会に、ぜひ高岡の街を歩いてみてください!








高岡駅1階待合室に設置されたドラえもんポストと、停車中の万葉線ドラえもんトラムのショット





万葉線ドラえもんトラム





高岡おとぎの森公園広場のドラえもん像



        
  • 1
  • 2
  • 3