忍者ブログ

高岡ふるさと応援隊会員No.0001のブログ

「高岡ふるさと応援隊」会員No.0001による、高岡の情報発信等を目指したブログです。

時々語ってみる思い

本業の方は長い春休み中ですが、副業(笑)が忙しくてなかなか手がつけられず、申し訳ないです。
今までは本当に暇人生活しか送って来なかったので・・・。忙しい自分に驚いています。

とは言っても特に大したことはやっていませんが・・・。

でも、どんなに忙しくても、「高岡ふるさと応援隊」としての活動はしっかりと行っていきたいので、今後ともよろしくお願いいたします。



ただ、正直悩んでいるのは、当ブログは「高岡の情報発信」を主な目的としているのですが、具体的にどうやって発信していけばいいか、となるとなかなか難しいです(^_^;)

高岡でイベントなどがあれば随時宣伝させていただきたいと思っていますが、例えば1月のなべ祭りはテスト期間だったり、2月の瑞龍寺ライトアップは寮の追い出しコンパ等が前後にあったりなどで十分に宣伝することができませんでした。

あとは、「発信」だけではなく、「再発見」も目的としていきたいなと考えているので、高岡市民も知らない高岡の魅力を紹介していけたらなと・・・。
ちょっと「再発見」とは意味が違いますが、先月更新しました「市民に知って欲しい!!北陸新幹線について」は数名から「全然知らなかった。参考になった!!」などと言った感想をいただけて本当に良かったです。



さて、「再発見」と言えば・・・。

実は昨年の荻布寮祭で、「荻布ワンダラー」という企画をさせていただきました。
これは、グリーンチャンネルの人気番組「競馬ワンダラー」のパロディで、私が怪しげな指令に従って高岡市内の観光地を旅するという趣旨の旅番組風動画でした。
今年の寮祭では「飛越能バージョン」をやりたいなと考えていたりしますが・・・(笑)

この「荻布ワンダラー」を先日、寮OBの方(もちろん高岡市出身)にお見せしたところ、「面白い!高岡のことを知れた」と言ってくださいました。
普通に見ると長い動画ですが、意外と「高岡発信」「高岡再発見」両方の役目はしっかり果たせていたのかもしれません。



というわけで、これからも時間さえあれば色々活動していきたいと思います。

ところで、高岡市の新年度の方針みたいなものが発表されましたが、そこで改めて「今年は首都圏へのPRを強化していく」という発表がありました。
先月の東京高岡会新年会でもお話させていただいたように、荻布寮生として、ふるさと応援隊会員として、ぜひともお手伝いをさせていただきたいなと思っています。
声をかけてくださればいくらでも飛んでいきますので!!



何を書きたいのかよく分からなくなってしまいましたが、とりあえず今回はこの辺で。

PR

高岡の将来を考えていく上での目標など

高校の頃から高岡の将来を考えて行こう!!(ただし考えるだけw)ということをやってきましたが、この機会に私の中での目標をまとめたいと思います。





①「高岡発信」

県外、国外の多くの人に高岡のことを知ってもらえるよう、PR活動等を広く行い「高岡」を発信していく。



②「高岡再発見」

高岡市民の知らない「高岡」を再発見してもらい、高岡のことをもっと好きになってもらう。



③「高岡発展」

将来の高岡を盛り上げていくために何をすればいいか。考え、そして行動していく。





こんな感じです。どれも重要なことだと思います。
とりあえず「今はひとり」状態ですが、若者による市民団体のFacebookページだけは作ってみました(笑)

高岡を盛り上げるための若者による団体(仮称)

理解者・協力者が出てくればいいですが、最悪一人ででも頑張ります。


遅くなりましたが、新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。
今までブログを作っては壊滅させてきた私ですが、とりあえず当ブログはなんとか年越しを迎えることができました(笑)
今年もよろしくお願いいたします。



風吹ジュンさんの番組に続きまして、正月にKNBで「柴田理恵のふるさと年表」を観ました。
富山県の歴史を映像で振り返っていく、といった趣旨の番組でした。

取り上げられた年代は、昭和40~50年代頃。
富山サンビーチの開業、高岡駅南ダイエーの開業。
うわぁ、懐かしいっ!!と思いましたよ。。。

富山サンビーチも、駅南のダイエーも思い出の地です。
今となっては完全にイオンモールの時代となってしまいましたが、多分イオンモールに足を運んだ回数はまだダイエーに足を運んだ回数に及んでいないと思います。
それほど幼少時代、ダイエーにはよく行っていました。
逆にイオンには滅多に行かないんですがね(笑)

地下の子ども向けゲームセンターでよく遊びました。
また、近くのアイスクリームもよく食べました。
懐かしい思い出です。

まあ思い出話はこの辺にしまして・・・。



やはり、昔の高岡の賑わいの映像が出て来ました。
大晦日に書いた記事と全く同じ感想です。
もちろん今でもイオンモールは賑わっているみたいですがねぇ。

とにかく、北陸新幹線開業まであと2年くらいとなっています。
「新幹線が来る!これでうちの街も良くなるぜ!!」という楽観的な考え
「新幹線が来ても・・・別に何も変わらねぇよ」という悲観的な考え
私からしてみればどちらも危険な考え方です。
何もしないと良くならないし、何もしないから良くならないんだと思っています。

「一人の本気が、高岡を変える」

本当にそのつもりで、2013年も色んな事に挑戦していけたらなと思います。





因みに南砺市の安居寺で引いたおみくじに
「望みが大きすぎる」
と書かれていましたとさ(笑)


還暦の同窓会 ~風吹ジュン45年ぶりの帰郷~

9月30日、KNBで放送されたドキュメンタリー番組「還暦の同窓会 ~風吹ジュン45年ぶりの帰郷~」が実家で録画されていたので、大晦日の今日、観ることができました。

家庭環境もあって、中学時代に高岡を離れて以来、一切戻らなかったという女優の風吹ジュンさん。

そんな風吹さんの45年ぶりの帰郷を追ったドキュメンタリーでした。



ドキュメンタリー自体ももちろん感動でしたが、昔の高岡の映像など、興味深い資料映像がたくさん流れていたことが印象的でした。

昔のたかまち、人がいっぱいいたんですよね・・・。

地方都市となるとみんなそうかもしれませんが、今はお世辞にも賑わいがあるとは言えません。
言いたくはないけどこれが現実なんですよね。

あの頃の賑わいを取り戻す・・・のはさすがに不可能かもしれません。
でも、なんとかして取り戻せたら・・・という気持ちはあります。



若い世代は皆諦めているというか、興味すら持たない。
嘆いてばかりで何もしていないのが俺だけど、なんとかならないかな。



色々思いました。



そして、今年成人式や東京での中学同窓会・部活同窓会などがあり、「再会」って素晴らしいなと思わせる一年でした。
そういう意味でも、この番組は非常に心に残るものでした。



あとは・・・3秒くらいだけ俺が映っていた(笑)
ええ、2009年9月13日の前田利長公入城大行進の映像が出たので・・・。



そういうわけで、今年はこれが最後の更新にしたいと思います。
荻布寮委員長としての活動、高岡ふるさと応援隊の入会など、非常に中身の濃い一年でした!!
また来年もいい年にしたいです。

皆様良いお年を!


地元愛について

特に北陸、富山県は多いのですかね。
「卑下」の域を超した地元貶しをするのは。

やはりうちの寮の関係者にも多いです。
東京などと比較し、やっぱり地元は駄目だと。

非常に悲しく感じます。

特に若者ってそうなのでしょうかね。

もっと希望持って欲しいな。
見つめ直せば、本当にいいところがいっぱいあるのに。

よっぽど遊び人が多いのでしょうか(笑)

高岡を盛り上げていくための若者の団体

やはり、行政の力だけでは駄目だと思うんですよね。
地域を盛り上げるには、市民の力、特に若年層の力が必要不可欠です。

ただ、その若年層と来たら・・・。
とにかく地元を卑下することしか知らない。もはや「謙遜」の域を超しています。
これって悪循環の始まりだと思うんですよ。

だから、多くの人に高岡の良さを再認識してもらい、その上で外へ売り込んでいく。
そんな若年層の団体を作りたいと思っています。



でも、やっぱり不安はあります。

・そもそも人が集まるのか
 →結成すらできずに終了

・ちゃんとした活動や運営ができるのか
 →結成が叶っても続かずに壊滅

特にこの2点です。どちらも大きな問題です。
前者は、俺に近い思いを持った人が近くにほとんどいない。
実は高校3年から大学1年にかけて、2人くらいで活動していたことがありました。
しかし、相方は無理矢理誘った感じだったので、結局活動そのものを諦めてしまいました。

そして、後者は・・・。
俺自身に団体を動かしていく力があるのか、あとそれほど時間がとれるのか、などの問題があります。

これらをクリアしていかないと、「夢」で終わってしまいます。



だけどさ、繰り返すけど必要だと思うんです。
つい最近までは「いつかやればいいだろう」という感覚でしたが、それでは駄目。
やりたいと思った時に、やりたい人がやらなければならない。
それが俺しかいないわけだから、やるしかない。

来春までには結成に至りたいです。



というわけで、もし高岡を盛り上げよう!という活動に興味のある10~20代の方がいらっしゃれば、是非声をかけていただけると嬉しいです。
どうかよろしくお願いいたしますm(_ _)m

地元愛ある友人

最近夜遅くの帰りが多いリア充です(笑)
実はこのブログのURLも、「ria10(リア充)」という言葉が使われています(笑)

というわけで、日付が替わったので一昨日の話になります。
たまに飲みに行く中学の同級生(女子)と飲みました。

就活も近いので、将来の話となると同時に、地元の話にも発展しました。



この同級生、「地元愛がある」みたいな話をしてくれて、本当に嬉しくなったんですね。
「たまに飲みに行く仲」の人、今までそんな話はしていなかったので。
それで新幹線の話とか、色々熱弁してしまったわけです(笑)



そして、酒もだいぶ入ったせいか、「高岡を盛り上げる学生団体みたいなのを立ち上げてみたいな~」と軽く漏らしたところ、「じゃあ立ち上げたら私も入れて!!」と。

それから、この同級生、どうやら同じく地元愛の強い友人がいるとか。



・・・これ、学生団体設立も夢じゃない??
完全に夢のまた夢だと思っていたけど・・・。

また来月あたり会うので(しかも氷見うどんを約束w)、具体的に話をしてみようかな。



なんて考える20歳の秋です。


改めまして自己紹介

忍者ブログを使用するのはかれこれ5年ぶりくらいでしょうか。
その後はteacup、アメーバあたりを使用してきました。
また、SNSの使用も始めたりしました。はい。

しかし久々だといろいろ変わったなって思うことも多いです。
デザインもどうしようか迷いました。
正直これだと文字が小さいかもしれません。
ただ、少し大きくするだけではみ出ちゃうんですよね。
当面はこのデザインで行くのでご勘弁ください。



さて、ブログ開始時の定番・・・と考えるのももう古い考えですかね。
改めて自己紹介でもさせていただこうかなと思います。







HN:marve

HNの由来:好きな競走馬の名前から適当に抜き取った(2006年から使用)

本名(イニシャル):K.F(SNS等では大方本名使っています)

本名の由来:数ある名付け用漢字の中から祖父が抽出した一文字(=いろいろ話を聞いたが自分の中で「由来はない」という結論に達しました)

生年月日:1992年2月24日(現在20歳)

性別:一応男です

出生地・出身地:富山県高岡市

居住地:東京都小金井市

職業:私大法学部3年生(半分ニート)

学歴:2004年博労小卒、2007年南星中卒、2010年高岡一高卒

アルバイト歴:高岡税務署非常勤職員を2回

部活動歴:吹奏楽部(中学)

現在の所属等
・高岡市荻布学生寮(2012年度委員長)
・高岡ふるさと応援隊(会員No.0001)
・大学競馬サークル
・荻布寮競馬サークル「Ogino Real King」
・学生競馬団体「うまカレ」
・荻布寮軽音楽サークル(結成予定?)

趣味:競馬観戦、地図を読むこと、カラオケ、ドライブ、音楽鑑賞、史跡等巡りetc...



生い立ち等
1992.02 高岡市に生まれる
1994.05 幼稚園入園
1998.03 幼稚園卒園
1998.04 小学校入学
2000.08 夏休みの自由研究で高岡市巡り
2004.03 小学校卒業
2004.04 中学校入学
2007.03 中学校卒業
2007.04 高校入学
2008.03 カナダ・サスカトゥーンでホームステイ
2009.08 当ブログの前身と言えるブログを開始(現在は壊滅状態)
2009.09 高岡開町まつり「前田利長公入城大行進」で前田利長公の足軽高札を務める
2010.03 高校卒業・荻布寮入寮
2010.04 大学入学
2012.04 荻布寮委員長就任(力不足で奮闘続き)
2012.07 高岡ふるさと応援隊入会
2012.10 第47回寮祭で高岡PRをひたすら頑張る
2012.11 当ブログ開設

ブログ開設にあたって

皆様初めまして。



これから当ブログの管理をさせていただく、marve(HN)です。

簡単に自己紹介させていただきますと、高岡市生まれ高岡市育ち、現在は東京都内の私立大学に通う20歳男(3年生)です。

住んでいるのは、高岡市出身の大学生が集まる高岡市荻布学生寮。

そして、今年設立された「高岡ふるさと応援隊」の会員No.0001でもあります。



このブログのテーマを簡潔に述べますと、「高岡の将来を考え、高岡を盛り上げて行こう!!」

地方都市の疲弊は今や大きな問題となっており、諦めムードになっている市民の方も少なくはありません。

しかし、高岡は開町400年の盛り上がり、歴史都市への認定、そして北陸新幹線の開業など、様々な大きな出来事が続いている最中であります。

そんな高岡を盛り上げて行きたい!!
一人の大学生という小さな人間による漠然とした想いではありますが、その想いをどうにか形にしたいと思ってブログの開設に至りました。

今のところは
「高岡市外の人たちに向けた高岡のPR」
「高岡市民に向けた高岡再発見」
に繋がる情報等を更新していけたらなと思っております。



・・・本当なら学生団体みたいなものを立ち上げたいんですがね(笑)

人が集まらないので、今はまだ一人でブログ頑張りたいと思います。

もちろん、「高岡を盛り上げたい!」という想いを持った学生の方がいらっしゃれば、是非一緒に活動しましょう!
大学生・短大生・専門学校生だけでなく、小中高生も大歓迎です!!



それでは、これから頑張っていきたいと思います!!

奇跡・・・(前身ブログより)

自動車学校の書類を提出する・・・それだけのためにわざわざ学校へ行ったわけですが、そういえば途中までしか読んでいない本があるなと思い、久々に図書室を訪れました。

その本というのは高岡の歴史について簡単に記してあるもので、非常に読みやすくて昨年12月から読み続けていました。
最近図書室を訪れる機会がなかったため途中で止まってしまったんですが・・・。

しかし今回で全て読み終えました。結構残っているかなと思っていたのですが、30分程度の時間で読み終えることができるとは・・・。





まあ読み終えたと言ってもいかんせん読み始めたのは約2ヶ月前なので、最初の方はほとんど記憶にないのですが、あれを読むのと読まないのでは高岡に対する見方もやはり違ってきたりするんですよ。
今ではちょっぴり高岡について詳しくなった気分です。馬鹿みたいですが。



で、その歴史本の感想なのですが・・・
地方衰退の波に巻き込まれているとはいえ、歴史的にはまだ恵まれていた方なんだなとつくづく思いました。
まず沼地だったような場所に城や町をつくり、思いを託したというお殿様がいた時点で奇跡なんですが、その後の400年間にも、数々の奇跡が起こったみたいです。







高岡の奇跡 ~江戸時代編~

築城から数年後に前田利長公が亡くなり、更に一国一城令によって廃城となってしまったことは知っている人も少なくはないと思います。もちろんこれは不運中の不運で、当然ながら高岡は衰退の道へと突き進むことになったのですが、まさかそんな町を保護しようと奮闘するお殿様(利常公)が現れるとは・・・。
一国一城令によって沈没した町も少なくない中、利常公の手厚い保護により「町人の町」として蘇るなんて・・・珍しいかどうかは知りませんけどそれ程多くもないでしょう。
税を免除してもらえるとか今では考えられません。



高岡の奇跡 ~明治時代編~

ここでも書いたことがあると思いますが、1889年に「市制」が施行されて、同年4月に日本初の市が31誕生したのですが、高岡もそのうちのひとつなんですよ。
しかし、当時の高岡の人口は2万人程度で、31市の中では一番少なかったみたいです。ってか今でもその31市の中では二番目に少ないのですから・・・。
ちなみに現在一番少ないのは米沢市で、二番目が高岡で三番目が弘前なんですが、米沢にしろ弘前にしろ立派な歴史都市ですよ。
人口も少なければ特に歴史があるわけでもない・・・にも拘わらず日本初の市に選ばれてしまったということは、当時の経済力がどれだけすごかったか、ということですよ。
廃藩置県後、高岡は様々な県を渡っていった後に富山県となったわけですが、町人のまちとして栄えていたもんだからよく分からないけどなんか一気に高岡に集まっちゃったみたいです。
当時は高岡銅器も世界で評価を受けていたらしいですしね・・・。



高岡の奇跡 ~戦後編~

第二次世界大戦で多くの都市が焼け野原となって復旧・復興に時間がかかった中、空襲を受けなかった高岡は無傷の鋳物工場によって嘘のような早さで活力を取り戻していった・・・。
やはり終戦直後は鋳物の需要がとんでもなかったようです。



高岡の奇跡 ~高度経済成長期編~

アルミ需要でどか~ん!!!
現代的な繁華街が出来上がったのも、何故か北陸では一番か二番くらいの早さだったらしい・・・。今は廃れているけど地下街もできましたし(もちろん当時は中心市街地も地下街も盛況!)。







まあ、実際にはここで書いたほど極端ではなかったと思いますし、こんなパターンは日本全国探せばいくらでもあると思いますが、とにかく高岡は古くから北陸の中でも影響力のあった方の都市だと思うんです。今はどうだか分かりませんが。

結局何が言いたいのかというと、その本にも書いてありましたが、もう少し自分の街に誇りを持てということです。
自分の街に誇りを持つことが、スタートである・・・。



あゝ、夜の自動車学校まで寝ようと思っていたのに、寝る時間がなくなっちまった・・・。

それではまた・・・。

(前身ブログより 2010年2月8日更新)