忍者ブログ

高岡ふるさと応援隊会員No.0001のブログ

「高岡ふるさと応援隊」会員No.0001による、高岡の情報発信等を目指したブログです。

2016年 大晦日

いつもブログをご覧くださり、ありがとうございます。
高岡ふるさと応援隊 会員No.0001でございます。

2016年も、とうとう大晦日を迎えました。
おかげさまで、今年1年、様々な活動に参加させていただき、多くの出会いと経験をさせていただきました。

今年は、(公社)高岡青年会議所 次世代育成実践委員会での、有権者教育事業や青少年育成事業といった活動。
有権者教育事業の経験から、更に選挙啓発活動を深めたいと思って参加させていただいた「T-voice」。
高岡を盛り上げたい人たちを「ジブンゴト」として応援する「高岡4D-ポケット・タカポケ」との出会い。
富山県の伝統産業や食といった真の魅力を、みんなで再発見しようというプロジェクト「TOYAMA TABLE」の運営。
自分にとっても、多くの気づきと成長の1年だったと思います。

来年2017年も、高岡の地域活性化のために、活動させていただきつつ、自分をさらに高めていけたらなと思います。

今年1年、お世話になった皆様、本当にありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。

PR

2015年の振り返りと、2016年の抱負をやわやわと・・・

【2015年の振り返り】
2015年は北陸新幹線開業という、大きな出来事がありました。
半世紀来の念願がついに叶ったと思うと、感慨深いものがあります。
東京や長野への所要時間がぐんと縮まりましたし、全国メディアでも北陸地方が度々取り上げられる様子を見ると、その話題性は想像以上だったと思います。

その一方で、並行在来線問題や関西・中京方面への特急不通化といったことも起きました。
また、高岡においては「かがやき」の通過や分離駅といった課題が今も強く残っています。
そういった問題が開業前から取り沙汰されてきましたが、大きな改善がなされたかと言うとそうでない部分も多々あるように思えます。

また、2015年は高岡市が「日本遺産」の指定を受けるという嬉しいニュースもありました。
この他、御車山会館のオープンや新市誕生10周年という節目など、高岡全体が盛り上がった一年だったと思います。



私個人の1年間は、複数の団体に所属して、ただひたすら地域活動に勤しむ日々でした(笑)
おかげさまで、県内外の活動で多くの皆様と交流したり、高岡の歴史文化について理解を深めたり、同じ志を持つ方々とアツく語りあったり・・・そういった素晴らしい時間を過ごせた一年間でした。





【2016年の抱負】
北陸新幹線開業における「正念場」は、むしろ今年からだと思います。
振り返りの方で挙げた問題点にどう取り組んで行き、新幹線による盛り上がりを持続させていくかが重要でしょうね。

私個人としては・・・「年男」「本厄」といった年にあたりますが・・・(笑)
昨年「自分でイベントを企画する」という目標を達成できませんでしたが、とにかく今は地域を盛り上げる皆様と活動を共にさせていただき、将来自分で地域を盛り上げる何かを成し遂げるための一歩を踏みしめていきたいなと思っております。
そして新幹線開業後の高岡を変えていくため、「自分もまちづくりの一翼を担っているんだ」という気持ちを今まで以上に持って行動していきたいなと思います。

また、今年は所属する団体のひとつで「教育」という新たな分野に挑むことになりました。
地域のための教育とは何なのか、地域の未来を担うこどもたちをどう育てていけばいいのか、真剣に考えていきたいなと思います。



未熟者ではございますが、本年もよろしくお願いいたします。



新年の挨拶

新年明けましておめでとうございます。

昨年、当ブログをご覧くださった皆様、本当にありがとうございました。
本年も高岡の発信のため尽力していきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

2016年1月1日


万葉線を愛する会 入会



「万葉線を愛する会」会員募集中(PDF・万葉線株式会社ホームページ)
「万葉線を愛する会」会員申込書(高岡市ホームページ)






今更のご報告になりますが、10月に「万葉線を愛する会」に入会いたしました。
万葉線の活性化にご協力していきたいなと思います。






~万葉線を愛する会 会員募集~

1.会員
本会の目的に賛同する個人及び法人

2.年会費
・個人 1口 (1,000円)以上
・法人 1口(10,000円)以上

3.会員期間
平成27 年10月1日~平成28 年9月30日

4.特典
個人会員1口につき770円分の万葉線回数券を進呈
(法人会員は1口につき5,500円分)
その他にも会員特典あり!(後述)

5.申込先
万葉線を愛する会事務局:万葉線株式会社
〒933-0073 高岡市荻布字川西 68
TEL 0766-25-4139
FAX 0766-25-4119

6.振込先
銀行名:北陸銀行高岡市役所出張所
口座名:万葉線を愛する会
口座種類・口座番号 :(普)4100160




~会員特典~

①高岡駅

越中膳処 海の神山の神 高岡店 生ビール1杯サービス
高岡市末広町1-8 ウイング・ウイング高岡3F
☎0766-29-1877

ジャカッセ 高岡店 お食事代5%割引
高岡市末広町1-7 ウイング・ウイング高岡1F
☎0766-26-7030

松阪牛焼肉 一徹 お食事代10%割引
高岡市末広町1-8 ウイング・ウイング高岡1F
☎0766-22-8887

北前そば高田屋 末広町 お食事代10%割引(ランチタイムは 50 円引)
高岡市末広町1-8 ウイング・ウイング高岡1F
☎0766-25-6501

五九郎寿司 生ビール1杯サービス
高岡市桐木町46-15
☎0766-22-4477


②市民病院前

スポーツドームエアーズ 入会金30%割引
※法人会員とマスター会員は除きます。他の割引との二重適用はできません。
高岡市向野町3-43-19
☎0766-26-0123


③米島口

万葉線株式会社 万葉線グッズ5%割引
高岡市荻布字川西68
☎0766-25-4139


④射水市新湊庁舎前

第一イン新湊 宿泊料10%割引
※他の割引との二重適用はできません。
射水市善光寺18-4
☎0766-82-4111

琥珀物語 ―第二章― コーヒーまたはソフトドリンク1杯サービス
※電車に乗ってお越しの方に限ります。
射水市西新湊13-1
☎0766-83-0016

我楽堂 記念品をプレゼント
※電車に乗ってお越しの方に限ります。
射水市西新湊19-1
☎0766-82-6979

野村屋 お会計より5%割引
射水市本町3-6-4
☎0766-82-3637


⑤海王丸

新湊観光船 内川遊覧&11 橋めぐり 所定 1,500 円を150円引
※その他のコースも割引あります。
射水市海王丸2
☎0766-82-1830


富山改良計画!? ~こんなとやまがいい感じ~

8月28日(金)夜、NHK富山にて「富山改良計画!? ~こんなとやまがいい感じ~」が放送されました。
「富山のここが好き」「富山のここが嫌い」・・・若い世代がもっと富山が好きになるように
県内在住(Uターン、Iターン含む)や県出身で県外在住の20代・30代の若者が、番組内で議論しました。





番組内で討論されたテーマは以下の2つ。

「遊ぶ場として富山は魅力的?」

「働く場として富山は魅力的?」




せっかくなので、この2つのテーマについて、私も考えてみました。







~遊ぶ場として富山は魅力的?~
番組では、VTRで富山市のファボーレ、高岡市のイオンモール、そして7月にオープンした小矢部のアウトレットモールなどの人気が取り上げられた一方、「遊ぶ場所がない」「買い物は金沢まで行く」と言った声が目立ちました。

そんな中で、「都会を目指す必要はない」「富山は富山の遊び方を見つければいい」という意見もありました。

確かに娯楽施設が少なく、若者にとっては魅力が少ないところがあるかもしれません。
私も仲間内で休日遊ぶとなると、イオンモールになってしまうことはかなり多いです。

しかし、そういう環境下であっても、自ら楽しもうという心を持った若者が、もっといてもいいのかなと個人的には思います。
そして、富山で遊べば富山が賑わう・・・だから富山で遊ぼう!そういった心を持った若者も、増えて欲しいなと。

・・・精神論はさておき、私もいずれは高岡で若者に魅力的な遊び場を提供できるようなことをしたいなと思っています。
もちろん、高岡の歴史文化を活かすような形であればいいなと。
若者に魅力的なまちは、若者自ら作っていくべきですね!




~働く場として富山は魅力的?~
番組では、「企業が少ない」「職種が少ない」といった声が多く見られました。
でも、最近高岡の色んな業種の方と交流させていただき、「色んな企業、色んな職種があるんだな」と知ることができました。
やはり、私と同様、知らない人が多いのでは?と思います。







この番組、富山の将来を真剣に考えたとっても良い番組だなと思いました。
若者の意識改革は、地域の未来に繋がっていくと思います。
高岡でも、多くの若者に地域の想いが届けばいいな。




というわけで、久々の投稿でした(^^)


北陸新幹線金沢開業まであと45日

いつも告知や報告ばかりなので、たまには適当に文章を書いてみたいと思います・・・(笑)
何故でしょう。大学時代、サークルや寮のブログでは自由な文章をよく書いていたのに
個人のブログになると自由な文章を書けなくなるという・・・(^_^;)




早いもので、今日は2015年1月28日。北陸新幹線金沢開業まであと45日だそうです。
遠い未来だと思っていた北陸新幹線開業がもう1ヶ月半後ですか。
なんだか信じられなくて、楽しみな気持ちよりも恐怖の方が強かったりします(笑)



思えばこのブログを始めて早2年ちょっと。あの頃は20歳の大学3年生で、東京在住でした。
当時は寮のブログの方に力を入れていて、このブログを始めたもののかなり疎かだったと思います。
卒業後にこのブログで書き連ねているようなことも、みんな寮のブログに書いていました。
今思えば、あれは意味があったのだろうか。あの寮で過ごしてきた4年間は何だったのだろうか。
惨めな思いをしてまで自分の想いを貫き通すというのは、なかなかつらいことだなぁと今頃になって思います。

そして、昨春大学を卒業し、高岡に戻って来てから急激にこのブログの更新頻度が上がりました。
もちろん、このブログでやっていることが何かの役に立っているのか・・・分かりません。
自分でも「もうちょっと工夫できないかな」と悩みながらやっているのも事実だし、
このやり方が果たして高岡のためになっているのかも分からずやっています。



でも、このブログを通して、県外の方はもちろん、県内、そして市内の方にも高岡を知ってもらい、
また、「こんな奴でも高岡のために行動できるんだぞ」というところを見ていただければいいなと思いながら、続けさせていただいております。

今後、こういったブログやSNSでの活動以外にも、色々挑戦してみたいなとは思っていますが・・・(^_^;)





さて、北陸新幹線開業に向けて高岡も色々盛り上がって来ています。
まあ、その盛り上がりが市民全体に浸透するのは非常に難しいなと思いますが・・・。
今後も自分なりに盛り上げていけたらいいなと思います。




皆さんも一緒に盛り上げていきましょう!!



新年あけましておめでとうございます

遅ればせながら、新年あけましておめでとうございます。
昨年度当ブログをご覧くださった皆様、お世話になった皆様、大変ありがとうございました。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。





今の機会に2014年を振り返ってみますと・・・。
3月に大学卒業を迎え、4年間の東京生活を終えて4月に高岡に戻ってきました。

その後は観光ボランティアガイド養成講座に参加させていただいたり、
複数の地域団体に所属して色んな活動を手伝わせていただいたり・・・。
新幹線開業1年前の高岡で、様々なものを見て、学ばせていただくことができました。

また、大学時代は荻布寮ブログばかりに力を入れていた分、卒業後はやっと当ブログに力を入れられるようになりました(笑)



そして、昨年何よりも大きな出来事になったのは、
高岡市広報紙『たかおか市民と市政』7月号と、北日本新聞社が発行する『まいたうんTAKAOKA』10月号に取り上げていただいたことでした。
その際にお世話になった皆様、また、「見たよー」と声をかけてくださった皆様に、改めてお礼を申し上げます。



少しずつではありますが、私の活動を通して、一市民が高岡を盛り上げていくために何ができるか、多くの皆様に考えていただくことができたのかな・・・。できてないのかな・・・(^_^;)






さて、北陸新幹線開業を迎える今年。
今年は昨年以上に高岡外部への情報発信、高岡内部への情報共有を努めると共に、
高岡市内で何かイベント等を企画できたらいいなと考えています。
高岡にとっても、私自身にとっても、いい1年になればいいなと。






それでは改めまして、本年もどうぞよろしくお願いいたします。



【お知らせ】北日本新聞『まいたうん』に寄稿いたしました(10/19)

この度、北日本新聞さんが発行しております『まいたうん』の10月号に、リレーエッセイを寄稿させていただきました。

本日高岡市内で配布される北日本新聞の折り込みチラシの中にあると思うので、ぜひご覧になってください。

高岡開町405年を迎えて

1609年9月13日、前田利長公が高岡城に入城し、高岡の街が誕生したと言われています。
つまり今日が、高岡開町405年の日。
まちの誕生日がはっきり分かっているのは、非常に珍しいことだそうです。





私にとっては、忘れられない9月13日があります。
それは2009年9月13日(日)。高岡開町400年を迎えたあの日です。

2009年は「高岡開町400年」として、年間通して数々の記念イベントが開催されました。
そのメインイベントが、その9月13日に開催された「高岡開町まつり 前田利長公入城大行進」という、400年前の高岡城入城を再現するイベントでした。

前田利長公が俳優の勝野洋さん、利長公の正室・永姫役が女優の浅野ゆう子さん。
他、約2,500人の市民が大行進に参加しましたが、そのうちの一人、しかも利長公の足軽高札役という大役で参加させていただいたのが、当時17歳(高校3年生)の私でした。

私にとってあの時の盛り上がりと感動は、今でも忘れられないものです。
そして、あのイベントへの参加が、今の私の原点になっています。





あれから5年。
5年前は相当未来なことだと思っていた大学卒業も間もなく半年前の話になり、
そして新幹線開業が半年後に迫っています。

この5年で、色んなことが変わったと思いますが・・・。
今日、5年前の原点に戻りながら、明日の高岡のために自分に何ができるか・・・また改めて考えていきたいなと思いました。



22歳になってもまだまだ未熟な私にはできることは少ないかもしれませんが、
できることから、何でも挑戦していきたいなと思います。








(顕彰祭を終えた前田利長公墓所に足を運びました)



高岡市広報紙「たかおか市民と市政」7月号に取り上げていただきました

中学や高校の同級生、荻布の女子寮生など、既に多くの方から「見たよー」というご連絡をいただいております(笑)





高岡市が毎月発行している広報紙「たかおか市民と市政」の7月号のトップ記事
「新幹線特集 おもてなしのススメ」に、一市民として載せていただきました。

たかおか市民と市政 2014年7月号 「新幹線特集 おもてなしのススメ」(HTML版)
たかおか市民と市政 2014年7月号(PDF版)



北陸新幹線開業が迫る中、観光事業関係者だけでなく、市民一人一人による「おもてなし」が大切な時期になってきていると思います。
しかし、プロでもない一般市民が「おもてなし」を行うのはそう簡単なことではありません。

そこで、多くの人に「おもてなし」について考えてもらおうという企画で、
自分なりに「おもてなし」を学ぼうとしている市民の一人として、私を取り上げていただきました。

私なんかでいいのかな?と正直かなり思いましたが、多くの皆様が「おもてなしの心」を持っていただくきっかけ作りになれば幸いです。



また、「おもてなし」のプロである、加越能バス株式会社のガイド・福本好江さん、金屋町自治会相談役の加藤昌宏さんのお二方のインタビューも掲載されております。



高岡市民がひとつになって、「おもてなし」をしていきましょう!!

私も、将来の高岡の力になれるように、これからも色々勉強していきたいと思います。



そして、今回私を取り上げてくださった高岡市広報統計課の皆様、本当にありがとうございました。