忍者ブログ

高岡ふるさと応援隊会員No.0001のブログ

高岡市の情報をゆるーく発信。

【イベント情報】高岡七夕まつり(8/1~7)







★詳しい情報はこちら★
高岡七夕まつり(たかおかストリート)
 2018年ポスター(PDF)








8月1日(水)~7日(火)の1週間、高岡市中心市街地にて、「高岡七夕まつり」が開催されます。

期間中は、高岡駅前の末広町通りにジャンボ七夕が彩られるほか、様々なイベントが開催されます。
夏の高岡を彩る一大イベントに、ぜひ、お越しください!









高岡七夕まつり

開催日:2018年8月1日(水)~7日(火)
開催場所:高岡市中心市街地



~期間中の主なイベント~

8月1日(水)
・オープニング

8月3日(金)
・ジャズライブ
・桐木ビアガーデン

8月4日(土)
・民謡のど自慢
・ストリートバスケット
・アートトラック展示
・末広坂フェスタ

8月5日(日)
・Kikare-Ma(出演・Neighbors Complain)
・ファイナルステージ
・民謡踊り街流し
・サマーカクテルフェア
・オタヤdeアーケードライブ
・末広坂フェスタ

8月7日(火)
・願い短冊お焚き上げ







会場周辺(高岡駅)の地図(Googleマップ)


PR

【イベント情報】戸出七夕まつり 開催中(~7/7)







★詳しい情報はこちら★
第55回 戸出七夕まつり(高岡市商工会ホームページ)
 七夕マップ(PDF)







既に始まっておりますが、7月3日(火)から7日(土)まで、戸出地区にて「戸出七夕まつり」が開催中です。
「日本海側随一の七夕まつり」「日本で最も由緒ある七夕まつり」「住民手作りのものとしては日本最大の七夕まつり」「日本一美しい七夕まつり」などと形容される七夕まつりです(出典:Wikipedia・・・w)。

本当に美しい七夕まつりです。ぜひ、お時間のある方は、戸出までお越しください!









戸出七夕まつり

開催日時:2018年7月3日(火)~7日(土)
開催場所:高岡市戸出中心部一円





3日(火)(終了)
・YOSAKOI戸出
・ちんどん
・バルーンショー

4日(水)
・遊休品即売会
・園芸講習会(先着100人花苗3種類プレゼント)
・児童クラブあんどんパレード
・戸出音楽愛好会(歌)
・バンド・ヴィオリラ演奏

5日(木)
・和太鼓演奏
・戸出地区保育園児民謡踊り
・戸出中学校吹奏楽部演奏
・キッズダンス
・夢ちゃんと歩くんバンド
・雨空ひばりショー

6日(金)
・高岡南高校ダンス部演技、軽音楽部・吹奏楽部演奏
・カラオケステージ
・民謡踊り街流し

7日(土)
・七夕コンテスト表彰式
・バンド演奏




~7月6日(金)・7日(土)は無料シャトルバス運行!!~
(高岡駅瑞龍寺口(南口)⇔戸出3丁目バス停横)

・高岡駅瑞龍寺口(南口)発
14時30分~19時30分の、毎時30分発

・戸出3丁目バス停横初
15時00分~20時00分の、毎時00分発






会場周辺(メイン会場・高岡市商工会戸出支所)の地図(Googleマップ)



【イベント情報】御印祭(6/19・20)







★詳しい情報はこちら★
御印祭(ねっとこ金屋町)







6月の高岡にも、楽しみなお祭りがあります。
6月19日(火)、20日(水)の2日間、金屋町(重要伝統的建造物群保存地区)で開催される「御印祭(ごいんさい)」です。

金屋町は高岡鋳物発祥の地。1609年の前田利長公による高岡開町の後、1611年に利長公がこの地に7人の鋳物師を移住させたことがきっかけで、高岡の鋳物産業の歴史が始まりました。

利長公の命日にあたる6月20日(旧暦5月20日)に、金屋町の地で行われるお祭りがこの「御印祭」です。



見どころは、金屋町に伝わる鋳物師の作業唄「弥栄節(やがえふ)」に合わせた踊り。
特に、19日(火)夜の前夜祭踊りでは、約1,000人による金屋町の石畳通りの街流しが名物となっております。

ぜひ、金屋町の素敵な夜を過ごしてみませんか?












御印祭

開催日:2018年6月19日(火)、20日(水)
場所:高岡市金屋町一帯(重要伝統的建造物群保存地区)




~スケジュール~

19日(火)

18時~ 神事
18時30分~ 御印太鼓
19時10分~ 奉納踊り
19時20分~ 前夜祭踊り

20日(水)
11時~ 祭典
16時~ 前田利長公墓前奉納踊り
17時~ 奉納踊りなど







会場・金屋町の地図(Googleマップ)



高岡市伏木の文化財が、日本遺産に追加認定されました!(5/24)



伏木神社春季例大祭の祭礼行事






旧伏木測候所庁舎・測風塔(高岡市伏木気象資料館)






旧秋元家住宅(高岡市伏木北前船資料館)








★詳しい情報はこちら★
日本遺産「荒波を越えた男たちの夢が紡いだ異空間~北前船寄港地・船主集落~」に追加認定されました(高岡市ホームページ)
荒波を越えた男たちの夢が紡いだ異空間 ~北前船寄港地・船主集落~(日本遺産ポータルサイト)






昨年、日本遺産に認定された「荒波を越えた男たちの夢が紡いだ異空間 ~北前船寄港地・船主集落~」に、高岡市伏木の文化財が追加認定されました!

高岡市は、2015年4月に「加賀前田家ゆかりの町民文化が花咲くまち高岡 ―人、技、心―」が認定されており、市内では2件目の認定となります。

港町伏木は、北前船寄港地として栄えた歴史を持ち、北前船資料館など関連する文化財もたくさん存在します。
今回の追加認定は、とても嬉しい出来事でした。



また、県内では、同じく北前船寄港地として富山市も認定。
そして、南砺市井波「宮大工の鑿(のみ)一丁から生まれた木彫刻美術館・井波」として認定を受けました。
















日本遺産 荒波を越えた男たちの夢が紡いだ異空間 ~北前船寄港地・船主集落~


~構成市町~
平成29年度認定自治体(11自治体)
函館市、松前町、鰺ヶ沢町、深浦町、秋田市、酒田市、新潟市、長岡市、加賀市、敦賀市、南越前町

平成30年度認定自治体(27自治体)
小樽市、石狩市、野辺地町、にかほ市、男鹿市、能代市、由利本荘市、佐渡市、上越市、富山市、高岡市、輪島市、小松市、坂井市、小浜市、宮津市、大阪市、神戸市、高砂市、新温泉町、赤穂市、洲本市、鳥取市、浜田市、倉敷市、尾道市、呉市



~高岡市における構成文化財~
・旧秋元家住宅(高岡市伏木北前船資料館)(市有形)
・旧伏木測候所庁舎・測風塔(高岡市伏木気象資料館)(国登録有形)
・伏木神社(未指定)
・伏木神社春季例大祭の祭礼行事(市無形民俗)
・伏木帆柱起し祝唄(未指定)
・勝興寺唐門(国重文)
・吉久の町並み(一部国登録有形)
・菅野家住宅(国重文)
・高岡鋳物の製作用具及び製品(国登録有形民俗)



【イベント情報】たかおか落語祭り2018(6/1~6/3)

★詳しい情報はこちら★
たかおか落語まつり2018(たかおかストリート)








さて、今年も高岡じゅうが落語で彩られる「たかおか落語祭り2018」が開催されます!

2016年にスタートし、3回目を迎えた「たかおか落語祭り」。
第1回・第2回は、7月中旬の3連休に開催されましたが、今年は6月1日(金)~3日(日)の3日間での開催です!



初日は夜に山町ヴァレー(山町筋)で開催。
2日目は、吉竹亭(戸出)、高陵金寿堂(金屋町)、丸谷亭(吉久)、大仏茶屋(高岡大仏近く)の4会場で開催。
そして、最終日は伏木コミュニティセンターで開催されます。

今年は、たか落お馴染み、三遊亭好の助師匠が真打昇進ということで、最終日の伏木コミュニティセンター会場は「三遊亭好の助 真打昇進披露公演」としても行われます。

また、初日の山町ヴァレー会場では、三遊亭好の助師匠のお父様で、「ナポレオンズ」で有名なマジシャンのボナ植木さんも登場です!

その他にも豪華メンバーの登場ですので、どの会場でもお楽しみいただけると思います!

まだまだチケット販売中ですので、ぜひお越しください!










たかおか落語祭り 2018 詳細

~6月1日(金)~

【リアル親子会】
日時:6月1日(金)開演 18:30 終演予定 20:00(開場 18:00)
会場:山町ヴァレー(高岡市小馬出町6)
出演:三遊亭好の助/ボナ植木(マジック)
木戸銭:2,000円
チケット販売&問合せ:竹中さん(090-6276-9034)



~6月2日(土)~

【馬久 初高岡の会】
日時:6月2日(土)開演 11:00 終演予定 12:30(開場 10:30)
会場:吉竹亭(高岡市戸出町3丁目8-3)
出演:金原亭馬久/三遊亭好の助
木戸銭:2,000円
チケット販売&問合せ:戸出ジェラート(戸出町2丁目9-1 TEL0766-63-2507)

【華の真打二人会】
日時:6月2日(土)開演 13:00 終演予定 14:30(開場 12:30)
会場:高陵金寿堂(高岡市金屋町2-3)
出演:金原亭馬玉/一龍斎貞寿(講談)
木戸銭:2,000円
チケット販売&問合せ:高陵金寿堂(TEL 0766-75-9292)

【新真打二人会】
日時:6月2日(土)開演 16:30 終演予定 18:00(開場 16:00)
会場:丸谷亭(高岡市吉久2丁目3-15)
出演:一龍斎貞寿(講談)/三遊亭好の助
木戸銭:2,000円
チケット販売&問合せ:丸谷さん(090-9396-4200)

【馬玉・馬久兄弟会】
日時:6月2日(土)開演 16:30 終演予定 18:00(開場 16:00)
会場:大仏茶屋(高岡市定塚町1200)
出演:金原亭馬玉/金原亭馬久
木戸銭:2,000円
チケット販売&問合せ:沢田さん(090-2032-6369)



~6月3日(日)~

【三遊亭好の助 真打昇進披露公演】
日時:6月3日(日)開演 13:30 終演予定 16:00(開場 13:00)
会場:伏木コミュニティセンター(高岡市伏木湊町13-1)
出演:三遊亭好の助/三遊亭良楽/金原亭馬玉/一龍斎貞寿(講談)/春風亭ぴっかり☆/金原亭馬久
木戸銭:前売 2,500円(当日 3,000円) 

チケット販売
・ストアまるしん(高岡市伏木一宮2丁目9-13 TEL0766-44-5963)
・アーツナビ
・市内各所14箇所

問合せ先
たかおか落語ふぁんくらぶ(塚田さん TEL080-6358-1192)
メール:sayonara0910@yahoo.co.jp








【イベント情報】伏木曳山祭「けんか山」(5/15)







★詳しい情報はこちら★
けんかやま 伏木曳山祭 公式ホームページ(外部リンク)
伏木曳山祭「けんか山」チラシ(PDF)







5月は、1日(火)の高岡御車山祭ももちろん注目ですが・・・。
その、2週間後の5月15日(火)に伏木地区で行われる伏木曳山祭「けんか山」も注目です!!

昼は華やかな花山車が巡行。
夜は勇壮な提灯山車に姿を変え、山車同士が激しくぶつかり合う「かっちゃ」が見どころのお祭りです。

今年も、かっちゃを観覧する桟敷席(有料)も用意されております。
ぜひ、5月15日(火)は伏木へ行きましょう!








伏木曳山祭「けんか山」

開催日:2018年5月15日(火)
開催場所:高岡市伏木地区



主なスケジュール

前日・5月14日(月)
19時~21時 宵山ライトアップ(於:山倉前)

当日・5月15日(火) 昼の部
10時30分 集合(於:本町広場)
10時45分~ 曳出
12時頃~ 十七軒町廻船問屋の小判・餅まき(於:JR伏木駅前)
夕方 山倉前で花山車から提灯山車へ模様替え

当日・5月15日(火) 夜の部
18時40分~ 曳出
19時30分~ かっちゃ①(於:本町広場、法輪寺前)
22時30分~ かっちゃ②(於:本町広場、法輪寺前)
24時 終了




~かっちゃ桟敷席発売中!~

観覧料
・第1部(19時30分~):S席4,000円、A席3,000円
・第2部(22時30分~):S席3,000円、A席2,000円

取扱い窓口:FKKエアーサービス株式会社





~当日は、「お祭りシャトルバス」が運行されます!(乗車無料)~

区間:高岡駅前7番乗り場←→伏木駅前観光駐車場

・高岡駅前(古城公園口)発車時刻
17時30分、18時00分、18時30分、19時00分、19時30分、20時30分

・伏木駅前観光駐車場前発車時刻
21時00分、21時30分、22時00分、23時00分、23時30分、24時00分








伏木曳山祭「けんか山」会場周辺の地図(Googleマップ)
(地図の地点は「かっちゃ」会場のひとつ・本町広場です)



【イベント情報】国宝瑞龍寺 春のライトアップと門前市(4/29~5/1)







★詳しい情報はこちら★
【国宝瑞龍寺】春のライトアップと門前市(外部リンク)
イベントチラシ(PDF)







4月29日(祝・日)・30日(休・月)・5月1日(火)の3日間、
今年も国宝瑞龍寺にて、春のライトアップと門前市が開催されます。

高岡開町の祖・前田利長の菩提寺である国宝瑞龍寺を、幻想的に映し出すイベント。
そして、春のライトアップの定番である「プロジェクションマッピング」も行われます。

また、総門前では、様々な名産や飲食ブースが並ぶ「門前市」もありますよ!


ゴールデンウィーク真っ只中で、5月1日(火)には高岡御車山祭も行われる高岡。
ぜひ、御車山と一緒に、瑞龍寺のライトアップもお楽しみください♪

(※国宝のひとつである「山門」は現在工事中のため拝観できません)













国宝瑞龍寺 春のライトアップと門前市

開催日時:2018年4月29日(祝・日)~5月1日(火)18時30分~21時30分
場所:国宝瑞龍寺

前売券:350円(中学生以下無料)
当日券:500円(中学生以下無料)

~前売券販売所~
・北日本新聞社 本社、支社(高岡・砺波)、各販売店
・高岡駅観光案内所
・高岡市生涯学習センター
・文苑堂書店(富山県全店)
・高岡大和、富山大和、香林坊大和
・サークルK、セブンイレブン チケットぴあ[Pコード 991-621]
・ローソン ローソンチケット[Lコード 51511]
・イオンモール高岡
ほか



~無料シャトルバスの運行~
臨時無料駐車場より、無料シャトルバスを運行いたします。

※臨時無料駐車場
・高岡市地方卸売市場 駐車場
・イオンモール高岡 駐車場





国宝瑞龍寺の地図(Googleマップ)



【イベント情報】高岡御車山祭(5/1)







★詳しい情報はこちら★
高岡御車山保存会ホームページ(外部リンク)
高岡御車山会館ホームページ(外部リンク)
高岡御車山祭 2018年パンフレット(PDF)







5月1日(火)
高岡関野神社の春季例祭で、400年以上の歴史をもつ「高岡御車山祭」が行われます。
かつて豊臣秀吉が後陽成天皇を聚楽第に迎え奉るときに使用した御所車を、加賀前田家初代当主・前田利家が拝領し、その後2代当主・前田利長が高岡城築城の際に町民に与えたことが始まりとされる御車山祭。

現在では、国の有形・無形民俗文化財に指定されている全国で5つのうちのひとつで、
「山・鉾・屋台行事」のひとつとして、ユネスコ無形文化遺産にも指定されております。

お祭り当日、金工・漆工・染織等、高岡の伝統工芸の粋で彩られた7基の山車が、山町筋(重要伝統的建造物群保存地区)をはじめ高岡の中心部を巡行します。



高岡を代表するお祭り。ぜひ、多くの皆様のご来場をお待ちしております!
そして、昨年は雨天で曳揃や勢揃いが中止に・・・。今年は晴れてくれることを祈ります!(笑)









高岡御車山祭

開催日時:2018年5月1日(火)11時~18時
場所:高岡市中心部(片原町周辺) 山町筋(重要伝統的建造物群保存地区)周辺ほか

~当日の主なスケジュール~
11時00分 御車山曳揃(坂下町)
11時20分 出発
12時00分 御車山勢揃い(片原町交差点付近)
18時00分 曳納

~みどころ~
11時00分 御車山曳揃(坂下町)
12時00分 御車山勢揃い(片原町交差点付近)
15時15分 山町筋を通る御車山

~写真撮影スポット~
14時00分~ 高峰公園(休憩中の御車山を間近でご覧いただけます)

※雨天などの理由で変更になる場合がございます。




~前日や、周辺の主なイベント~

宵祭・ライトアップ
開催日時:2018年4月30日(祝・月)18時~21時(雨天決行)
場所
 宵祭・・・山町各山宿
 ライトアップ・・・山町筋観光駐車場、高岡御車山会館、NTT西日本高岡市外ビル駐車場



高岡御車山会館特別延長
4月30日(祝・月)・・・21時まで(無料開館)
5月1日(火)・・・19時まで(無料開館)

※通常は、開館時間9時~17時。火曜日休館。入館料高校生以上300円。



平成の御車山 完成披露式典
開催日時:2018年4月30日(祝・月)10時~ (展示説明は10時40分からの予定)
場所:高岡御車山会館





高岡御車山会館の地図(Googleマップ)



【観光情報】高岡古城公園の桜(4/3)



桜馬場通り。





本日、4月3日(火)の高岡古城公園の桜です。

平日でしたが、古城公園は多くの人で賑わっていました。
県内は今年初の夏日という暑さ。一方、風が強く、桜が散り始めている感じでした。












今年の雪害の影響で、先月まで通行禁止となっていた、本丸を囲む小路(いわゆる「犬走り」)。
4月から通行可能となっております。








犬走り(朝陽の滝側)から見る中の島の風景。









犬走りの池ノ端側は、桜のトンネルです。









桜が花開く一方、雪害の爪痕が依然として残る、池ノ端側の犬走り。







池ノ端堀をまたぐ「本丸橋」から見た、池ノ端の桜景色。











犬走りを更に歩き、本丸と二の丸を結ぶ土橋方面へ。
枝の折れた木、倒れている木から、花開いている景色は、とても切なかったです。







石垣と桜。















本丸広場の桜。










今度は、射水神社の裏。内堀、明丸側の犬走り。
こちらも先月まで通行禁止でしたが、通行可能となりました。







こちらも、雪害の爪痕が。
そして、折れた木が花開いていました。







射水神社の裏。









射水神社横の相撲場。
卯辰山(通称「二ツ山」)の桜。







最後に、本丸と二の丸を結ぶ土橋から、内堀・鍛冶丸方面を眺める。
遊覧船がやって来ます。







今が満開の桜。
今年はとにかく早かったので、例年のピークである4月中旬頃の桜関連のイベントは・・・果たしてどうなるやら(^^;

ちなみに、高岡市立博物館の屋上開放は、急遽今週末の6日(金)~8日(日)にも行われることとなりました(※雨天中止)。
ただ、週末は雨予報ですね・・・。



【観光情報】高岡古城公園の桜(4/2)



日本さくら名所100選でもある高岡古城公園(国指定史跡・高岡城跡)の、桜の風景をお伝えします。
ご存知のように、今年は桜の開花がとても早く、昨日今日で既に満開です。
まずは、昨日・4月2日(月)の桜です。











小竹藪。








三の丸から、「赤い橋」で有名な朝陽橋を眺める。
遊覧船も運航しております。








明丸(動物園前)の桜並木。







桝形堀越しに、桜馬場通りの桜並木。









鍛冶丸(博物館前)から、内堀を眺める。








搦手口から、桜馬場通りを眺める。








朝陽橋から、中の島方面を眺める。










本丸広場。








本丸と二の丸(市民会館)を結ぶ土橋から、池ノ端方面を眺める。







二の丸から、駐春橋へ向かう坂道。







駐春橋から、大手口方面を眺める。











池ノ端の絶壁に生えるソメイヨシノ。







池ノ端の、遊覧船乗船場付近から、中の島方面を眺める。







乗船場付近から、池ノ端方面を眺める。








乗船場付近から、本丸方面を眺める。










中の島からお堀を眺める風景。






今日か明日あたりに、今日4月3日(火)の桜もアップしたいと思います!