忍者ブログ

高岡ふるさと応援隊会員No.0001のブログ

高岡市の情報をゆるーく発信。

【イベント情報】1月13日(土)・14日(日)「第32回 日本海高岡なべ祭り」前売券販売中!









★詳しい情報はこちら★
「第32回日本海高岡なべ祭り」前売券の販売が始まりました(高岡市観光ポータルサイト「たかおか道しるべ」)






もう12月も終わり。2017年も終わり。
既に来年の話題で盛り上がっております。




さて、このブログでも来年の話題を取り上げたいと思います。

2018年1月13日(土)・14日(日)の2日間、高岡の冬の風物詩「第32回 日本海高岡なべ祭り」が行われます。
その前売券が現在販売中です!ぜひ、お買い求めください!







第32回 日本海高岡なべ祭り

開催期間:2018年1月13日(土)・14日(日) 各日11:00~16:00
会場:高岡市中心市街地
   @パーク(大和高岡店横)、ウイング・ウイング高岡前広場、
   クルン高岡2階デッキ、高岡大仏、御旅屋通り など
なべの種類:海鮮シチュー鍋、高岡すり身ごっつお鍋
      カニ鍋、イベリコ豚コラーゲン鍋、ご当地特産鍋など


~前売券販売について~
価格:前売券(2枚セット) 600円 ※当日券は、1枚 350円

前売券販売箇所
・コンビニ各店舗(ローソン、ポプラは富山県内店舗のみ)
・市内各商店街事務所
・市内各大型商業施設
・ウイング・ウイング高岡
・高岡市観光協会
・高岡市役所
・町衆スタジオ(末広町) ほか





PR

高岡古城公園の紅葉・・・遊覧船にも乗船(11/21)



・・・バタバタしていたので更新が遅れましたが、11月21日(火)の高岡古城公園の紅葉風景です。










このあたりは、小竹藪~中の島周辺です。









さて、この日は「古城公園お濠めぐり遊覧船」にも乗船。
紅葉時期の乗船は初めてでした。
(※11月26日(日)で今年の運航は終了しました)

















池之端~中の島周辺。






「赤い橋」で有名な、朝陽橋の下を通ります。













朝陽橋~三の丸~内堀あたり。









そして、本丸~二の丸を結ぶ土橋の石垣を見て、折り返します。









再び内堀を通り、三の丸方面へ。








再び朝陽橋の下を通ります。







朝陽橋を過ぎてすぐの風景。中の島。







中の島近く。








そして、池之端を通って「本丸橋」で折り返し、乗船場に戻って終了です。







その後再び歩いて園内散策。







梅林から三の丸方面。






いったん大仏方面へ行ってから、戻ってきました。
大手口付近にある「平成の滝」からの風景。







鍛冶丸から三の丸方面の内堀。








鍛冶丸と明丸を結ぶ土橋から。







そして、三の丸から朝陽橋を眺めた風景。







桜も綺麗ですが、紅葉もきれいな古城公園。
最近歩いていないのでわかりませんが、まだ紅葉は残っているのかな?
とにかく、来年また紅葉を楽しめることを心待ちにしております。



「株式会社能作」新社屋、高岡市デザイン・工芸センター見学(11/15)

★詳しい情報はこちら★
株式会社 能作(外部リンク)
高岡市デザイン・工芸センター(外部リンク)








11月15日(水)。
4月に新社屋に移転した「株式会社 能作」を見学させていただきました。

能作は、今年創業101年を迎える鋳物企業です。
近年、錫(すず)を使用した曲がる食器など、新しい商品で革命を起こし、今や「世界の能作」と呼ばれる活躍ですね。
もはや説明するまでもない!(笑)




今年4月、高岡オフィスパークにオープンした新社屋。
より「産業観光」に特化し、工場見学はもちろん、鋳造体験やショップ、カフェスペース、観光案内などなどが揃う豪華施設となりました。
先月で早くも来場者5万人を突破し、更に注目を集めています。











新社屋オープン後、既にカフェスペースで食事させていただいたことはありましたが・・・。
工場見学は初めてでした。

写真はこれだけです(笑)





工場見学は、無料でできます(事前予約制です)。
詳細は、下記ページをご覧ください!

工場見学(株式会社能作ホームページより)









その後、同じオフィスパーク内にある「高岡市デザイン・工芸センター」を見学。
「新クラフト産業・デザインの育成」「伝統工芸の保存・継承」「デザイン・工芸の啓発・普及」を活動の柱とした、高岡市の施設です。











株式会社能作の地図(Googleマップ)


高岡市デザイン・工芸センターの地図(Googleマップ)



【観光情報】高岡古城公園の紅葉が見ごろです!





高岡古城公園。
中の島に植えられた「やまたちばな」は、赤く実っております。





さて、高岡古城公園(国指定史跡・高岡城跡)は、紅葉のシーズンとなりました!
紅葉シーズンは、「お濠めぐり遊覧船」の運航も行われます。
ぜひ、紅葉の古城公園をお楽しみください♪



★詳しい情報はこちら★
日本100名城高岡古城公園 お濠めぐり遊覧船 乗船案内(外部リンク)





お濠めぐり遊覧船(紅葉シーズン)

11月3日(祝・金)~11月26日(日) 10時00分~17時00分(最終出発16時30分)
大人700円、小人200円(小学生以下)









高岡古城公園紅葉 11月1日(水)



朝陽橋から中の島を眺める





小竹藪広場





中の島から朝陽橋・本丸を眺める





朝陽橋から三の丸方面を眺める





本丸広場・前田利長公像周辺





鍛冶丸(博物館前)から、内堀・三の丸方向を眺める





桝形堀周辺





二の丸、動物園前の通り





動物園





三の丸から朝陽橋を眺めるも、ちょっと逆光で見づらい・・・





駐春橋から、大手口方向を眺める









高岡古城公園紅葉 11月6日(月)



遊覧船乗り場周辺から、池之端方面を眺める





梅林あたりから、中の島・本丸方面を眺める(遊覧船)





三の丸から、朝陽橋を眺める





小竹藪広場





朝陽橋から中の島を眺める





朝陽橋から三の丸を眺める(遊覧船)





遊覧船乗り場周辺より、中の島方面を眺める









【観光情報】岩崎ノ鼻灯台が「恋する灯台」に認定、ワークショップに参加(10/2)





★詳しい情報はこちら★
恋する灯台プロジェクト(外部リンク)
高岡市が「恋する灯台のまち」に選ばれました(高岡市ホームページ)
高岡市のデートスポットは...(同上)







先月、伏木国分にある「岩崎ノ鼻灯台」が、「恋する灯台」に選ばれました。
それを受け、10月2日(月)に高岡市のデートスポットを決めるワークショップが開催。
非常に弱い分野ではありますが(笑)・・・参加させていただきました。

私を含め、20代~70代の男女約20名の市民が参加。
4つのチームに分かれてお気に入りのスポットを出し合った後、最終的に全体で10のスポットを選出しました。

この結果をもとにパンフレットが作成されるということで、完成がとても楽しみです!



なお、当日は富山テレビさんの取材があり、私のインタビュー映像が翌日のニュースで放送されました(笑)






「恋する灯台」岩崎ノ鼻灯台の地図(Googleマップ)



【イベント情報】第49回 高岡大仏まつり(9/23)





★詳しい情報はこちら★
第49回 高岡大仏まつり(探求道へようこそ)







9月23日(祝・土)
日本三大仏「高岡大仏」にて、「第49回 高岡大仏まつり」が開催されます。

一番の見どころは、1年間の汚れを落とす「お身ぬぐい」です。
午前にお身ぬぐいが行われた後、午後には交通安全祈願法要があります。
そして、法要後、台座上で特別拝観もあります。
普段見られない大仏様のお姿を、見ることができますよ!

ぜひ、この機会に高岡大仏に足を運んでみてください!








第49回 高岡大仏まつり

開催日:2017年9月23日(祝・土)
場所:高岡大仏

スケジュール
10時~ 大仏お身ぬぐい
14時~ 交通安全祈願法要
 法要後、台座上で特別拝観があります

お問い合わせ先
(公社)高岡市観光協会:0766-20-1547







会場・高岡大仏の地図(Googleマップ)



【イベント情報】福岡町つくりもんまつり(9/23・24)











いずれも昨年の様子





★詳しい情報はこちら★
福岡町つくりもんまつり チラシ(PDF)
第21回ふるさとイベント大賞受賞記念「福岡町つくりもんまつり」(高岡市ホームページ)







9月23日(祝・土)・24日(日)の2日間。
高岡市福岡町で約300年の歴史をもつ「福岡町つくりもんまつり」が開催されます。

五穀豊穣に感謝し、野菜・果物などの農作物を主材とした創作物「つくりもん」を展示するユニークなお祭り。
世相やキャラクターなど、様々な「つくりもん」が福岡町中心市街地一帯に多数登場します。

今年はどんな「つくりもん」が登場するのでしょうか??



なお、当日は高岡駅と会場を往復する無料シャトルバス
中田かかし祭会場を往復する無料シャトルバスが運行されます。
ぜひ、無料シャトルバスでお祭りをはしごしましょう♪









福岡町つくりもんまつり

開催日:2017年9月23日(祝・土)・24日(日)
場所:福岡町中心市街地一帯(あいの風とやま鉄道 福岡駅周辺)

お問い合わせ先
高岡市商工会 福岡支所:0766-64-3088
高岡市役所 福岡総合行政センター産業建設課:0766-64-1427




無料シャトルバス運行表

23日(祝・土)

 高岡駅瑞龍寺口→福岡庁舎正面入口前(会場)・・・11便
  10時00分発 10時50分発 12時30分発 13時20分発 14時30分発 15時20分発
  16時30分発 17時20分発 18時50分発 19時40分発 20時50分発

 福岡庁舎正面入口前(会場)→高岡駅瑞龍寺口・・・11便
  10時25分発 11時15分発 12時55分発 13時45分発 14時55分発 15時45分発
  16時55分発 17時45分発 19時15分発 20時05分発 21時15分発

 アルビス中田店駐車場横(中田かかし祭会場)との往復便・・・6便
 ①アルビス中田店駐車場横(会場)、②戸出町3丁目バス停横、③福岡庁舎正面入口前
 ・①10時10分発→②10時30分発→③10時50分発→②11時10分発→①11時30分着
 ・①12時10分発→②12時30分発→③12時50分発→②13時10分発→①13時30分着
 ・①13時50分発→②14時10分発→③14時30分発→②14時50分発→①15時10分着
 ・①15時30分発→②15時50分発→③16時10分発→②16時30分発→①16時50分着
 ・①17時10分発→②17時30分発→③17時50分発→②18時10分発→①18時30分着
 ・①18時50分発→②19時10分発→③19時30分発→②19時50分発→①20時10分着



24日(日)

 高岡駅瑞龍寺口→福岡庁舎正面入口前(会場)・・・10便
  10時00分発 10時50分発 12時30分発 13時20分発 14時30分発 15時20分発
  16時30分発 17時20分発 18時50分発 19時40分発

 福岡庁舎正面入口前(会場)→高岡駅瑞龍寺口・・・7便
  10時25分発 11時15分発 12時55分発 13時45分発 14時55分発 15時45分発
  16時55分発 17時45分発 19時15分発 20時35分発

 アルビス中田店駐車場横(中田かかし祭会場)との往復便・・・5便
 ①アルビス中田店駐車場横(会場)、②戸出町3丁目バス停横、③福岡庁舎正面入口前
 ・①10時10分発→②10時30分発→③10時50分発→②11時10分発→①11時30分着
 ・①12時10分発→②12時30分発→③12時50分発→②13時10分発→①13時30分着
 ・①13時50分発→②14時10分発→③14時30分発→②14時50分発→①15時10分着
 ・①15時30分発→②15時50分発→③16時10分発→②16時30分発→①16時50分着
 ・①17時10分発→②17時30分発→③17時50分発→②18時10分発→①18時30分着







会場周辺(あいの風とやま鉄道福岡駅)の地図(Googleマップ)



【イベント情報】第34回 中田かかし祭(9/23・24)













★詳しい情報はこちら★
第34回中田かかし祭 イベントチラシ(PDF)





9月23日(祝・土)、24日(日)の2日間。
高岡市中田地区を代表するユニークなイベント「第34回 中田かかし祭」が開催されます。

世相、キャラクターなどなど、アイディアに富んだ様々な創作かかしが会場に多数展示されるお祭り。
今年は果たして、どんなかかしが登場するのでしょうか??


なお、当日は高岡駅と会場を往復する無料シャトルバスと、
同じく23日(祝・土)・24日(日)に開催される「福岡町つくりもんまつり」の会場と往復する無料シャトルバスが運行されます。

ぜひ、無料シャトルバスを使って足を運んでみてください♪










第34回 中田かかし祭

開催日:2017年9月23日(祝・土)・24日(日)
場所:中田中央公園、中田コミュニティセンター周辺


お問い合わせ先
中田地区コミュニティ協議会:0766-36-1135
高岡市商工会 中田支所:0766-36-0246
高岡市役所 中田支所:0766-36-1133






無料シャトルバス運行表

23日(祝・土)

 高岡駅瑞龍寺口→アルビス中田店駐車場横(会場)・・・6便
  9時50分発 10時50分発 12時30分発 13時30分発 14時50分発 15時50分発

 アルビス中田店駐車場横(会場)→高岡駅瑞龍寺口・・・6便
  10時20分発 11時20分発 13時00分発 14時00分発 15時20分発 16時20分発

 福岡庁舎正面入口前(福岡町つくりもんまつり会場)との往復便・・・6便
 ①アルビス中田店駐車場横(会場)、②戸出町3丁目バス停横、③福岡庁舎正面入口前
 ・①10時10分発→②10時30分発→③10時50分発→②11時10分発→①11時30分着
 ・①12時10分発→②12時30分発→③12時50分発→②13時10分発→①13時30分着
 ・①13時50分発→②14時10分発→③14時30分発→②14時50分発→①15時10分着
 ・①15時30分発→②15時50分発→③16時10分発→②16時30分発→①16時50分着
 ・①17時10分発→②17時30分発→③17時50分発→②18時10分発→①18時30分着
 ・①18時50分発→②19時10分発→③19時30分発→②19時50分発→①20時10分着



24日(日)

 高岡駅瑞龍寺口→アルビス中田店駐車場横(会場)・・・7便
  8時30分発 9時50分発 10時50分発 12時30分発 13時30分発 14時50分発 15時50分発

 アルビス中田店駐車場横(会場)→高岡駅瑞龍寺口・・・7便
  9時00分発 10時20分発 11時20分発 13時00分発 14時00分発 15時20分発 16時20分発

 福岡庁舎正面入口前(福岡町つくりもんまつり会場)との往復便・・・5便
 ①アルビス中田店駐車場横(会場)、②戸出町3丁目バス停横、③福岡庁舎正面入口前
 ・①10時10分発→②10時30分発→③10時50分発→②11時10分発→①11時30分着
 ・①12時10分発→②12時30分発→③12時50分発→②13時10分発→①13時30分着
 ・①13時50分発→②14時10分発→③14時30分発→②14時50分発→①15時10分着
 ・①15時30分発→②15時50分発→③16時10分発→②16時30分発→①16時50分着
 ・①17時10分発→②17時30分発→③17時50分発→②18時10分発→①18時30分着









会場・中田中央公園の地図(Googleマップ)



【イベント情報】ものづくり高岡万博!クラフト系4大イベント同時期開催!(9/22~24頃)



高岡クラフト市場街の今年のメイン会場「山町ヴァレー」






工芸都市高岡2016クラフト展(昨年)の様子







金屋町楽市 in さまのこ(昨年)の様子






★詳しい情報はこちら★
高岡クラフト市場街 ホームページ(外部リンク)
工芸都市高岡2017クラフト展 ホームページ(外部リンク)
金屋町楽市 in さまのこ ホームページ(外部リンク)
銅器団地オープンファクトリー(外部リンク)
文化創造都市高岡(外部リンク)
4大クラフトイベント(たかおか市民と市政9月号)






今週末の9月22日(金)から24日(日)頃にかけて、
高岡市内各地で「ものづくり高岡万博!クラフト系4大イベント同時期開催!」が行われます。

約400年前の開町以来、「ものづくり」の歴史を築いてきた高岡での、伝統工芸関係の最大イベントとも言えるでしょう。

今年は、山町筋(重要伝統的建造物群保存地区)を中心に高岡駅周辺など広く開催される「高岡クラフト市場街」
大和高岡店で開催される「工芸都市高岡2017クラフト展」
金屋町(重要伝統的建造物群保存地区)で開催される「金屋町楽市 in さまのこ」

という、昨年まで「3大クラフトイベント」として同時開催されていたイベントに

戸出銅器団地で開催される「銅器団地オープンファクトリー」も加わり、「4大クラフトイベント」として盛大に行われます。



ぜひ、高岡のものづくりを見て、買って、体験して、食べて・・・お楽しみください!!







高岡クラフト市場街

全国と地元の作家によるクラフト作品や、地場のものづくりを「観る」「買う」「体験する」、
さらには地場食材とクラフトを組み合わせたメニューを「食べる」など、
3日間で50以上のイベントが開催されます。

23日(祝・土)・24日(日)の2日間は、山町筋(重要伝統的建造物群保存地区)が歩行者天国になります。



開催日:2017年9月22日(金)~24日(日)
場所:山町筋(重要伝統的建造物群保存地区)を中心に、高岡駅周辺や御旅屋通りなど

問い合わせ先
高岡クラフト市場街実行委員会(高岡商工会議所内):0766-23-5000
高岡市役所文化創造課:0766-20-1255






工芸都市高岡2017クラフト展

1986年以来、全国の優れた作り手の作品を高岡で紹介してきたクラフト展。
金属・漆などの多様な素材と技の粋を競った優秀作品を一堂に展示。
お気に入りの作品は購入可能で、見て、触れて、楽しめる展示会です。



開催日:2017年9月22日(金)~26日(火)
時間:10時~18時(26日のみ17時まで)
場所:大和高岡店 4階催事場

問い合わせ先
工芸都市高岡クラフトコンペ実行委員会(高岡商工会議所内):0766-23-5000
高岡市役所産業企画課:0766-20-1395






金屋町楽市 in さまのこ

千本格子と石畳の景観が残る金屋町一帯を使った「町並美術館」です。
「和ノ心」をテーマに日本ならではの美の捉え方や生活のあり方を、工芸作品の展示やお茶会等を通じ、衣食住の観点から提案します。



開催日:2017年9月23日(祝・土)・24日(日)
時間:10時~17時
場所:金屋町(重要伝統的建造物群保存地区)一帯

問い合わせ先
金屋町楽市実行委員会(高岡市役所商業雇用課):0766-20-1289






銅器団地オープンファクトリー

鋳造から加工、仕上げまで、32社のプロ集団の連携を活かし、400年の伝統を今に伝える¥高岡銅器」の製作現場を一般開放します。
オトナも楽しい社会科見学をどうぞご堪能ください。



開催日:2017年9月22日(金)・23日(祝・土)
時間:10時~17時
場所:戸出銅器団地

問い合わせ先
高岡銅器団地協同組合:0766-63-5005
高岡市役所文化創造課:0766-20-1255











高岡クラフト市場街メイン会場「山町ヴァレー」の地図(Googleマップ)




工芸都市高岡2017クラフト展会場 大和高岡店の地図(Googleマップ)




金屋町楽市 in さまのこ会場 金屋町の地図(Googleマップ)




銅器団地オープンファクトリー会場 戸出銅器団地の地図(Googleマップ)

【イベント情報】前田利長公顕彰祭(9/13)



★詳しい情報はこちら★
前田利長公顕彰祭(富山県観光公式サイト「とやま観光ナビ」)
前田利長公墓所(同上)





明日、9月13日(水)
高岡開町の祖、加賀前田家2代当主・前田利長公の墓所「前田利長公墓所」(国指定史跡)にて、
「前田利長公顕彰祭」が開催されます。

今から408年前の1609年9月13日前田利長公が高岡城に入城しました。
したがって、9月13日は「高岡開町の日」とされております。



さて、この「前田利長公墓所」。
石塔の高さ約11.75m、現存する墓域約10,000㎡(かつてはその3倍以上の約33,000㎡あったとされています)・・・その規模は戦国武将の墓所としては国内最大とされています。
現在は、金沢市野田山の「前田家墓所」と共に、国の史跡に指定されております。

その石塔のある墓域は普段入れませんが・・・なんと、この「前田利長公顕彰祭」の時だけ一般開放されます!




ぜひ、この機会に「前田利長公墓所」に訪れてみませんか?







前田利長公顕彰祭

日時:2017年9月13日(水)
場所:前田利長公墓所




会場・前田利長公墓所の地図(Googleマップ)